「東北三大祭り」青森ねぶた祭 秋田竿燈まつり 仙台七夕まつり 「四大」山形花笠まつり 「ヤーヤドー」弘前ねぷた祭り「ラッセラー」青森ねぶた祭り

091qcyEeRd
次のうち、一般的に
「東北三大祭り」とよばれる
ものを全て選びなさい
仙台七夕まつり(答)
花笠祭り
竿灯祭(答)
青森ねぶた祭(答)

CIMG6976sMK5BPLeHuXK
次のうち
「東北四大祭り」に
含まれるものを
全て選びなさい
チャグチャグ馬コ
おわら風の盆
ねぶた祭り(答)
仙台七夕祭り(答)
花笠祭り(答)
竿燈まつり(答)

CIMG8458gf2XY23nj2Lu
(画像出題)
弘前市で夏に行われるこの
お祭りは弘前◯◯◯まつり?
ねぷた(答)

エフェクト
青森県五所川原市のお祭りです 立佞武多
たちねぷた(答)


青森ねぶた祭で、浴衣に身を包みねぶたの前後で踊る人のことを「◯◯◯」という?
はねと(答)
「跳人」

CIMG4360
毎年8月1日から岩手県
盛岡市で催されるお祭り
さんさおどり(答)
さんさ踊り


「東北四大祭り」のひとつ
毎年8月2~7日に開催
ハネト
ラッセラーラッセラー
青森ねぶた祭り(答)

連想
「東北四大祭り」のひとつ
毎年8月3~6日に開催
米の豊作を祈る
46個の提灯
秋田竿燈まつり(答)

連想
「東北四大祭り」のひとつ
毎年8月5~7日に開催
紅花をあしらう
ヤッショ、マカショ
山形花笠まつり(答)

連想
「東北四大祭り」のひとつ
毎年8月6~8日に開催
一番町商店街や大町商店街
織姫と彦星
仙台七夕まつり(答)

東北三大祭り(とうほくさんだいまつり)、または東北三大夏祭り(とうほくさんだいなつまつり)とは東北地方の著名な夏祭りをまとめて言う名称である。東北地方のブロック観光のモデルコースの面があるため、ここでは組み合わせの異なる「東北N大(夏)祭り」についても扱う(Nは2以上の整数)。
>東北三大祭り[編集]
「東北三大(夏)祭り」を構成するのは、一般に以下の3つの祭である[1](数値は2008年の1日あたりの入り込み数)。
仙台七夕まつり(宮城県仙台市。会場) 68.4万人/日
青森ねぶた祭(青森県青森市。会場) 53.2万人/日
秋田竿燈まつり(秋田県秋田市。会場) 33.5万人/日
これら3者は、
(歴史)戦前から祭りとして確立。民俗学的見地から、いずれも「七夕(ねぶり流し)行事」に関連している。
(都市)県庁所在地で開催
(観客)花火大会を除いた2008年における1日あたりの入り込み数の上位3者
という共通点がある。この「三大」の定義は、新聞・雑誌・旅行業者で広く用いられている。
>東北四大祭り[編集]
上記の「東北三大(夏)祭り」に山形県山形市の山形花笠まつり(会場)を加えた4者は、「東北四大(夏)祭り」と一般的に呼ばれている。
引用元:東北三大祭り – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%8C%97%E4%B8%89%E5%A4%A7%E7%A5%AD%E3%82%8A

弘前ねぷたまつり(ひろさきねぷたまつり)は、青森県弘前市で開催される弘前四大まつりのひとつである夏祭り。
大勢の市民が「ヤーヤドー」の掛け声とともに、武者絵が描かれた山車を引いて市内を練り歩く。弘前ねぷたには扇ねぷた(扇型)と組ねぷた(人形型)があり、総数約80台の県内最多のねぷたが運行される。
>青森ねぶたとの違い[編集]
弘前のねぷたが「neputa」であるのに対し、青森のねぶたは、「nebuta」と表記ならびに発音が固定化されたのは昭和55年(1980年)の国の重要無形民俗文化財に指定されてからのことで、現在でもどちらもねぷた、ねぶたと両方の呼ばれ方がある。
>弘前四大まつり[編集]
弘前さくらまつり(4月下旬 – 5月上旬)
弘前ねぷたまつり(8月1日 – 7日)
弘前城菊と紅葉まつり(10月中旬 – 11月上旬)
弘前城雪燈籠まつり(2月中旬)
引用元:弘前ねぷた – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%98%E5%89%8D%E3%81%AD%E3%81%B7%E3%81%9F

それぞれの祭りの違いを単純に観客目線で分けるなら、

弘前ねぷた (祭り期間:8月1日~8月7日)
大半が扇型で、80台以上の参加がある。
高さは大型のもので10m弱(特に制限はないが電線などの問題あり)
子供たちがねぷたを引く。
ゆったりしている(団体による)
掛け声は「ヤーヤドー」

青森ねぶた (祭り期間:8月2日~8月7日)
人形型がほとんどで、20台ちょっとの参加。
高さは4~5mで横に広い(9m)。(歩道橋の関係で大きさに制限がある)
ハネト(跳人)が存在する。(衣装を用意すれば気軽に参加できる)
盛り上がりがある。
掛け声は「ラッセー(ラー)」

ちなみに大きさ云々については、道路の幅や歩道橋等の問題で淘汰されてきたと考えていいようです。
引用元:ねぷたとねぶたの違い | 浜団ねぷた愛好会 http://www.hamadan-neputa.com/hirosakineputa/neputanebuta/

全く違います。

ねぶた…主に青森市で運行される武者人形

ねぷた…弘前市や黒石市などで運行される扇形の武者絵

青森ねぶた祭と弘前ねぷた祭も全く違います。

青森ねぶた…掛け声が「ラッセラー」、囃子は7節、「凱旋(戦に勝って帰る)」の祭と言われます。

弘前ねぷた…掛け声が「ヤーヤドー」、囃子は6節でテンポが遅い、「出陣」の祭と言われます。

これだけ違いがある「ねぶた」と「ねぷた」ですが、語源はどちらも「眠い」です。

青森県津軽地方の人は、眠いことを「ねんぷてぇ」と言います。

眠気「ねんぷてぇ」を流す→ねむた(ねんぷた)流し→ねむた(ねんぷた)→ねぶた(ねぷた)
引用元:ねぶたとねぷたって違うんですか? – 全く違います。ねぶた…主に青… – Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1365950263?fr=rcmd_chie_detail