クラフチュク ウクライナ初代大統領「レオニード・クラフチュク」

098hZPRSuwjXM
1991年から1994年にかけて
ウクライナの初代大統領を
務めた政治家はレオニード・
◯◯◯◯◯◯?
ヤゥコェンチ
ユシチチノク
トラフシュフ
→クラフチュク
「レオニード・クラフチュク」

レオニード・マカロヴィッチ・クラフチュク(ウクライナ語:Леонід Макарович Кравчукレオニード・マカーロヴィチュ・クラウチューク;Leonid Makarovich Kravchuk、1934年1月10日 – )は、ウクライナの政治家、ウクライナ初代大統領(在任1991年 – 1994年)。
>1990年にはソ連共産党中央委員に選出される。同年ウクライナ最高会議議長に選出されるが、1991年8月のクーデターの後、ソ連共産党を離党する。12月に実施された大統領選挙で初代大統領に選ばれウクライナ独立を宣言。12月8日エリツィン・ロシア大統領、シュシケビッチ・ベラルーシ最高会議議長とベラルーシのベロヴェーシの森で会談し、ソ連からの離脱と独立国家共同体(CIS)の結成で合意した(「ベロヴェーシの陰謀」)。この会談により12月31日ソ連は崩壊した。
引用元: レオニード・クラフチュク – Wikipedia.

ウクライナ(ウクライナ語:Україна、[ukrɑˈjinɑ])は、東ヨーロッパの国。東にロシア連邦、西にハンガリーやポーランド、スロバキア、ルーマニア、モルドバ、北にベラルーシ、南に黒海を挟みトルコが位置している。
>第一次世界大戦後に独立を宣言するも、ロシア内戦を赤軍が制したことで、ソビエト連邦内の構成国となった。1991年ソ連崩壊に伴い独立した。
>崩れ行くソ連を完全に見限り、8月24日に最高会議はウクライナの独立を宣言、国名から「人民共和国」を削除した。12月の国民投票によっても、圧倒的に独立が支持され(ウクライナ国内の多くのロシア人も支持した)、レオニード・クラフチュクがウクライナ初代大統領に選ばれた。1917年の独立革命の挫折以来、幾多の試練を乗り越えて、ついにウクライナの独立は達成されたのである。
引用元: ウクライナ – Wikipedia.