「セントポール」フィッツジェラルドの生地 ミネソタ州の州都 長崎市と姉妹都市

051kpawmEs
ミシシッピ川上流
作家フィッツジェラルドの生地
長崎市と姉妹都市
ミネソタ州の州都
メンフィス
セントポール(答)
セントルイス
ミルウォーキー

セントポール(Saint Paul)は、アメリカ合衆国ミネソタ州東部に位置する都市。同州の州都であり、ミネアポリスに次ぐ州第2の都市である。人口は285,068人(2010年国勢調査)[1]。市名は1841年に建てられたセントポール大聖堂に由来している。このセントポールと西に隣接するミネアポリスとをあわせてTwin Cities(双子の都市)とよく呼ばれる。「双子の都市」は、ミネアポリスが州の経済・文化の中心で地方の中枢都市であるのに対し、セントポールはミネソタ州会議事堂や州の各種機関が集まる州の政治の中心地であり、役割を分担している。この「双子の都市」および近隣のブルーミントン、セントクラウドなどを含んだミネアポリス・セントポール都市圏は約360万人の人口を抱える[1]。
引用元:セントポール (ミネソタ州) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB_(%E3%83%9F%E3%83%8D%E3%82%BD%E3%82%BF%E5%B7%9E)

メンフィス(英語: Memphis)は、アメリカ合衆国テネシー州の西端にある都市。州都ナッシュビルを上回る同州最大の都市で、ミシシッピ川に面している。市名はエジプトの古代都市にして都の一つでもあるメンフィスに因む。19世紀に綿花の集散地として発展する一方で奴隷市が開かれた歴史を持ち、今でも人口の約6割をアフリカ系アメリカ人が占める。ミシシッピ川から突き出たマッド・アイランドは母なるミシシッピ川とアメリカの歴史をモチーフとしたテーマパークになっている。
引用元:メンフィス (テネシー州) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9_(%E3%83%86%E3%83%8D%E3%82%B7%E3%83%BC%E5%B7%9E)

セントルイス(St. Louis [seɪnt ˈluːɪs, sənt ˈluːɪs])は、アメリカ合衆国ミズーリ州東部、ミシシッピ川とミズーリ川の合流点に位置する商工業都市。どの郡にも属さない独立市である。人口は356,587人(2009年推計人口)。セントルイス大都市圏(英語版) (MSA) の人口は2,828,990人で全米18位。広域都市圏 (CSA) の人口は2,892,784人(いずれも2009年推計人口)である。
引用元:セントルイス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9

ミルウォーキー(英語: Milwaukee)は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州にある都市。同州最大の都市である。
>ウィスコンシン州は小麦の主産地であり、世界規模の小麦の集散地、積出港として有名である。また、札幌、ミュンヘンと並んで世界三大ビール生産地としても有名である。ちなみに、日本のビール会社のサッポロビールが、かつてビール造りの盛んな北緯43度線付近の都市として、「ミュンヘン・札幌・ミルウォーキー」というキャッチコピーを使用していた。
また、日本では『あらいぐまラスカル』の舞台の一つとしても知られている。
引用元:ミルウォーキー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%BC

フランシス・スコット・キー・フィッツジェラルド(Francis Scott Key Fitzgerald, 1896年9月24日 – 1940年12月21日)は、アメリカの小説家。一般にはF・スコット・フィッツジェラルドと称される。失われた世代を代表する作家の一人。
>フィッツジェラルドは北西部ミネソタ州のセントポールに生まれた。カトリックを信仰する両親は共にアイルランド系の家系であり、母モリーはセントポールにおける著名な実業家の娘であった。父エドワードはフィッツジェラルドの生まれる以前に事業に失敗し破産していたが、一家は母の実家からの援助もあり裕福と言えないまでも不足のない生活を送っていた。名前の由来となったアメリカ国歌の作詞者フランシス・スコット・キーは父方の遠縁にあたる。
引用元:F・スコット・フィッツジェラルド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/F%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%89

街の紹介

セントポール市の地図ミネソタ州の州都であるセントポール市は、面積145平方キロメートル、人口28.5万人の製造、 通信、金融、保険、観光、農業等の盛んな都市です。隣接するミネアポリス市とは、 ミシシッピ川をはさんで双生児のように発達したことから「双子都市(ツインシティー)」と呼ばれています。 古くから「偉大な北西部」開拓の起点として栄え、 流れ豊かなミシシッピ川に育まれた肥沃な大地から農産物の一大集散地として、また交通の要所として発展してきましたが、現在ではコンピューター、 科学機器に代表されるハイテク産業に経済の中心が移っています。

締結のきっかけ

セントポール市ニューヨークの日本国連協会代表が、原爆被災から復興し平和 都市への道を歩んでいた長崎市とセントポール市の提携を斡旋。その後国連事務局が両市に勧誘状を出した。日米初の姉妹都市提携である。(1955年(昭和30年)12月5日に長崎市議会全員協議会で承認、7日にセントポール市議会で決議)
引用元:長崎市│都市間の交流 セントポール市 http://www.city.nagasaki.lg.jp/kokusai/910000/p004955.html