「蒜山」岡山県と鳥取県に位置する火山 蒜山高原

056RiMuxjJ
岡山県と鳥取県の
境にある火山群
蒜山
ひるぜん(答)

eNAplkr
引用元:蒜山って「ぜんぜん近い! だんぜん楽しい!!」 http://cms.top-page.jp/p/maniwa/hiruzen/2/#about

蒜山(ひるぜん)とは、岡山県真庭市北部と鳥取県倉吉市南部に跨って位置する火山である。
>中国山地の主峰より北側に独立して主に象山(1,085 m)・擬宝珠山(1,110 m)・二俣山(1,083 m)・皆ヶ山(1,159 m)・上蒜山(1,202 m)・中蒜山(1,123 m)・下蒜山(1,100 m)の各主峰で構成されるが、通常は上蒜山・中蒜山・下蒜山を総称して「蒜山」または「蒜山三座」と呼ばれる。
南側斜面中腹に風光明媚なリゾート地である蒜山高原を抱える。蒜山および蒜山高原一帯は、岡山県下では倉敷美観地区や後楽園・岡山城と並ぶ屈指の観光地であり、観光客数では倉敷(約300万人)に次いで2番目となる約250万人となっている[1]。
引用元:蒜山 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%92%9C%E5%B1%B1

この地をヒルゼンと呼ぶ。ヒルセンではなく、地元の人は必ずゼンと濁って呼ぶ。日本にたった一つしかない地名なので人々の関心を呼び、さまざまな語源を述べている。
それらを集約してみた。これを読み、どのように判断するか?それは皆さんの自由です。
引用元:蒜山の語源 http://cms.top-page.jp/p/maniwa/hiruzen/5/4/4/