「中臺瑞真」 なかだいずいしん 刳物(くりもの)に優れた人間国宝

046fsVrSKv
1984年に人間国宝の指定を
受けた、日本の工芸家です
中臺瑞真
なかだいずいしん(答)

011GYMTZcNWPm
次の伝統工芸の業種を
経済産業大臣による「伝統
工芸品」の指定を受けている
品目数が多い順に選びなさい
織物 36
木工品・竹工品 31
漆器 23
金工品 14
染色品 11

引用元:経産大臣指定「伝統工芸品」品目順 「織物」「木工品・竹工品」「漆器」「金工品」「染色品」 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/11113/

中台瑞真 なかだい-ずいしん

1912-2002 昭和-平成時代の木工芸家。
大正元年8月8日生まれ。竹内不山に茶の湯指物(さしもの)をまなび,昭和8年独立。37年日本伝統工芸展に初入選。桐材の光沢を生かした刳物(くりもの)にすぐれ,日本工芸会木竹工部会長をつとめる。59年木工芸で人間国宝。平成14年4月23日死去。89歳。千葉県出身。本名は真三郎。作品に「桐菊花盤」など。
引用元:中台瑞真(なかだい ずいしん)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E4%B8%AD%E5%8F%B0%E7%91%9E%E7%9C%9F-1096671

【本人紹介】 中臺瑞真(なかだい・ずいしん 1912~)。14歳から茶の湯に用いる指物(さしもの)の道具製作を修業。のちに木材を刳り抜いて器物を彫り出す刳物(くりもの)を極め、とくに細工の難しい桐材の刳物を得意とする。
xpLFmIV
引用元:匠の技と心-木工芸(中臺瑞真) http://material.miyazaki-c.ed.jp/ipa/takumi_skill_mind/woodwork/nakadaizuisin/IPA-tac110.htm
引用元:y-ngm.jpg (600×400) http://material.miyazaki-c.ed.jp/ipa/takumi_skill_mind/woodwork/nakadaizuisin/y-ngm.jpg

人間国宝(にんげんこくほう)は、日本の文化財保護法第71条第2項に基づき同国の文部科学大臣が指定した重要無形文化財の保持者として各個認定された人物を指す通称である。文化財保護法には「人間国宝」という文言はないが、重要無形文化財保持者を指して人間国宝と呼ぶ通称が広く用いられている[1]。
>人間国宝(にんげんこくほう)は、日本の文化財保護法第71条第2項に基づき同国の文部科学大臣が指定した重要無形文化財の保持者として各個認定された人物を指す通称である。文化財保護法には「人間国宝」という文言はないが、重要無形文化財保持者を指して人間国宝と呼ぶ通称が広く用いられている[1]。
引用元:人間国宝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E9%96%93%E5%9B%BD%E5%AE%9D