地図の等高線 主曲線「細い実線」計曲線「太い実線」補助曲線「破線」

096WDYNxRP

次の国土地理院発行の地図の
等高線と、それを示す線の種類の
正しい組み合わせを選びなさい
主曲線───細い実線
補助曲線───破線
計曲線───太い実線
28%

xQeXrwf

 主曲線とは、平均海面からの高さが10メートルごとの曲線(標高の等しい点を結んだ曲線)をいいます。等高線の高さをあらわす数字は、平らな地域で等高線の間隔が広いところなどで高さがわかりにくいときに表示しています。
  等深線とは、水面標高からの深さが10メートルごとの曲線(水深の等しい点を結んだ曲線)をいいます。等深線の深さを表す数字は、湖底の平らなところで等深線の間隔が広い場合に表示しています。
 注;5万分1地形図では、主曲線は20メートルの間隔になります。
引用元:2万5千分1地形図の読み方・使い方:主曲線(しゅきょくせん)|国土地理院 http://www.gsi.go.jp/KIDS/map-sign-tizukigou-h13-01-01syukyokusen.htm

>計曲線とは、10メートルごとの等高線および等深線のうち、50メートルごとに太めて表現した等高線および等深線をいいます。等高線の数値は、地形の表現がじゃまにならない位置に表示します。
 注;5万分1地形図では、100メートルごとに太くしています。
引用元:2万5千分1地形図の読み方・使い方:計曲線(けいきょくせん)|国土地理院 http://www.gsi.go.jp/KIDS/map-sign-tizukigou-h13-01-02keikyokusen.htm

補助曲線とは、緩やかに傾斜しているところや複雑な地形をしている地域などで、主曲線だけではその特徴をあらわすことが不十分な部分にわかりやすくするために表示する等高線及び等深線のことをいいます。
 補助曲線は、主曲線と主曲線の間を5メートルまたは2.5メートルごとに表示します。、等高線の場合は、2.5メートルごとの補助曲線には、必ず等高線数値(たかさ)を表示します。等深線の場合も、等深線数値(ふかさ)を表示します。どちらも5メートルごとの数値は表示しないことがあります。