「安田善次郎」 JR鶴見線「安善(あんぜん)駅」の由来

008yLLVxBZ
JR東日本鶴見線の駅
安善駅の由来となった実業家は
◯◯◯◯◯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
やすだぜんじろう(答)
安田善次郎

安田 善次郎(やすだ ぜんじろう、天保9年10月9日〈1838年11月25日〉 – 大正10年〈1921年〉9月28日)は、富山県富山市出身の実業家。幼名は岩次郎。安田財閥の祖。
>1858年(安政5年)、奉公人として江戸に出る。最初は玩具屋に、ついで鰹節屋兼両替商に勤めた。やがて安田銀行(後の富士銀行。現在のみずほフィナンシャルグループ)を設立、損保会社(現在の損害保険ジャパン)、生保会社(現在の明治安田生命保険)、東京建物等を次々と設立した。
>自分の天職を金融業と定め、私的に事業を営むことを自ら戒めたが、同郷だった浅野総一郎の事業を支援するなど事業の育成を惜しむことはなかった(現在の鶴見線である鶴見臨港鉄道の安善駅は、安田善次郎の名前に因む)。また日本電気鉄道や、帝国ホテルの設立発起人、東京電燈会社や南満州鉄道への参画、日銀の監事など、この時代の国家運営にも深く関わった。
>「五十、六十は鼻たれ小僧 男盛りは八、九十」は善次郎の言葉とされている。
引用元:安田善次郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E7%94%B0%E5%96%84%E6%AC%A1%E9%83%8E

安善駅(あんぜんえき)は、神奈川県横浜市鶴見区安善町一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)鶴見線の駅である。
大川駅(大川支線)へ向かう列車は、当駅で鶴見駅 – 扇町駅間の本線から分岐する。
>駅名の由来[編集]
安田財閥創業者であり、鶴見線の前身である鶴見臨港鉄道を支援した安田善次郎にちなんで付けられた。
その他[編集]
一時期、安善駅の「あんぜん」→「安全」にちなみ、若者を中心に切符が大量に売れたことがある。
引用元:安善駅 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%96%84%E9%A7%85