「群馬県」全て「まち」 「岡山県」全て「ちょう」 「佐賀県」混在  東日本は「まち」西日本は「ちょう」傾向

093gOtuyhX
次の都道府県と、都道府県内の
自治体「町」の読み方の
正しい組み合わせを選びなさい
群馬県───全て「まち」と読む
佐賀県───「ちょう」「まち」が混在
岡山県───全て「ちょう」と読む

ZGHoepZ
引用元:大手町は「まち」か「ちょう」か 読みで分かる出身地 |エンタメ!|NIKKEI STYLE http://style.nikkei.com/article/DGXNASFK01024_R01C11A1000000

行政町[編集]
「市町村」も参照
地方自治法による普通地方公共団体の一種。市・村と同格で、合わせて市町村という。他の意味の町と区別するために「行政町」ともいう。[要出典]
町の名の「〜町」は「〜まち」または「〜ちょう」と読み、町ごとにばらばらである。東日本では北海道と岩手県・宮城県・静岡県・山梨県を除き「〜まち」とし、西日本では富山県・石川県と九州地方の福岡県・大分県・熊本県を除き「〜ちょう」とする傾向がある。宮城県・岩手県では「〜まち」「〜ちょう」のどちらも入り混じっている。また、町の名を「〜まち」と読む町では「町」一字でも「まち」と読み、町の名を「〜ちょう」と読む町では「町」一字でも「ちょう」と読むことが多い。ただし、町民(ちょうみん)のような複合語は、読み方は一定である。
引用元:町 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BA

浅井さんによると、750の町のうち、約6割が「ちょう」と読み、約4割が「まち」と読むらしい。都道府県別の内訳を見ると、はっきりとした傾向が出た。東日本は「まち」、西日本は「ちょう」と読む場合が多いのだ。例外は北海道と福岡、熊本。「まち」派が多い東日本にあって、北海道では「ちょう」が多く、逆に「ちょう」派が大多数の西日本で福岡と熊本は「まち」派が圧倒しているという。
>自治体名の読み方は地方自治法で「従来の名前による」と定められており、各市町村に命名権があるからだ。浅井さんも「文化圏の違い、としか分かりません。東西のライバル心みたいなものがあったのかもしれませんね」と語る。
>実は、東京の「町」には法則がある。鈴木理生『東京の地名がわかる事典』によると、江戸時代、原則的に「まち」が武士、「ちょう」が町人という区分があったのだ。
引用元:大手町は「まち」か「ちょう」か 読みで分かる出身地 |エンタメ!|NIKKEI STYLE http://style.nikkei.com/article/DGXNASFK01024_R01C11A1000000