関東地方の半島「真鶴(まなづる)半島」「房総半島」「三浦半島」

157uosQiov
次のうち、関東地方にある
半島を1つ選びなさい
真鶴半島(答)まなづるはんとう
渡島半島 おしまはんとう
房総半島(答)ぼうそうはんとう
能登半島 のとはんとう
男鹿半島 おがはんとう
三浦半島(答)みうらはんとう
重茂半島 おもえはんとう
渥美半島 あつみはんとう

真鶴半島(まなづるはんとう)は神奈川県足柄下郡真鶴町にある小さな半島である。海岸は高さ20mほどの岸壁が続く。陸上には松や楠、椎などの常緑樹の大木と、シダ類が生い茂る原生林が残されている。先端の真鶴岬の先には神奈川県の名勝地である三ツ石(正式には笠島という)がある。引潮の際にはこの三ツ石まで歩いて渡ることができる。真鶴半島でしか採取されない石として本小松石がある。なお、この真鶴半島の先端から、三浦半島の先端を結んだ線から北の海域を相模湾と呼ぶ。
引用元:真鶴半島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E9%B6%B4%E5%8D%8A%E5%B3%B6

渡島半島(おしまはんとう)は北海道南西部にある半島。広義には石狩湾から勇払平野にかけての石狩低地帯より西の地域をいうこともあるが、一般には寿都と長万部を結ぶ黒松内低地以南の地域を指す。
引用元:渡島半島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E5%B3%B6%E5%8D%8A%E5%B3%B6

房総半島(ぼうそうはんとう)は、関東地方の南東部、太平洋に面した半島。千葉県の大部分を占める。
「房総」という地名は、令制国の安房国と上総国と下総国の三国にまたがることに由来する。現在の千葉県と茨城県の間に「古鬼怒湾」があり、ほとんど「島」の状態であったのは、それほど古いことではない。
引用元:房総半島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%BF%E7%B7%8F%E5%8D%8A%E5%B3%B6

能登半島(のとはんとう)とは、北陸地方の中央付近から日本海へ北に向けて突き出した半島である。日本における日本海側海岸線で最も突出面積が大きい半島である。
引用元:能登半島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%BD%E7%99%BB%E5%8D%8A%E5%B3%B6

男鹿半島(おがはんとう)は、秋田県西部にある日本海に突き出た半島。
引用元:男鹿半島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B7%E9%B9%BF%E5%8D%8A%E5%B3%B6

牡鹿半島(おしかはんとう)は、宮城県北東部にあって、太平洋に向かって南東に突きだした半島。同半島周辺の島嶼群は牡鹿諸島と呼ばれる。
引用元:牡鹿半島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%A1%E9%B9%BF%E5%8D%8A%E5%B3%B6

三浦半島(みうらはんとう)は、神奈川県南東部にある半島である。
似た概念として、三浦半島などにおいて使われる呼称「横三」(よこさん)がある。主に、三浦半島の大部分を占める横須賀市と三浦市を合わせて指す語である[注 1]。
引用元:三浦半島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E5%8D%8A%E5%B3%B6

重茂半島(おもえはんとう)は、岩手県南東部、太平洋に面する半島。無数の入り江と半島が連続する三陸海岸の中でも最大の半島。
引用元:重茂半島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E8%8C%82%E5%8D%8A%E5%B3%B6

渥美半島(あつみはんとう)は、全長約50km、幅5km – 8kmの細長い半島。日本の太平洋側では珍しく東西方向に伸びている。愛知県の田原市全域・豊橋市南西部の半島部を指す。
引用元:渥美半島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A5%E7%BE%8E%E5%8D%8A%E5%B3%B6