「ロサンゼルスの戦い」 1942年謎の飛行物体を日本軍と誤認し、米軍が軍事展開した事件

004ftvmkkF
1942年2月に、謎の飛行物体を
日本軍機と誤認したアメリカ陸軍
が対空砲火による迎撃戦を
展開した事件を何という?
サンフランシスコの戦い
サンディエゴの戦い
ニューヨークの戦い
ロサンゼルスの戦い(答)

ロサンゼルスの戦い(ロサンゼルスのたたかい、英語:Battle of Los Angeles、もしくはThe Great Los Angeles Air Raid)は、第二次世界大戦中の1942年2月25日に、アメリカ合衆国カリフォルニア州のロサンゼルス市で行われたアメリカ陸軍による軍事作戦。
前日に行われた日本海軍の潜水艦によるロサンゼルス近郊への砲撃に続いて、艦載機による空襲が行われたと誤認したアメリカ陸軍が対空砲火を中心とした「迎撃戦」を展開、その模様はラジオ中継されアメリカ西海岸のみならずアメリカ全土をパニック状態に陥れた。しかし実際に日本海軍がそうした空襲を行った記録はなく、騒動の真相は未だ闇の中にある。
引用元:ロサンゼルスの戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

未確認飛行物体(みかくにんひこうぶったい)とは、その名の通り、何であるか確認されていない(正体不明の)飛行体のこと[1]。「Unidentified Flying Object」(アンアイデンティファイド・フライング・オブジェクト)の頭文字を取ってUFO(ユーフォー)とも呼ばれる。
>ケネス・アーノルド事件[編集]
詳細は「ケネス・アーノルド事件」を参照
1947年6月24日にアメリカ人のケネス・アーノルド (Kenneth Arnold) が、ワシントン州上空で9個の奇妙な物体を目撃した事件。この事件の影響により「空飛ぶ円盤(フライングソーサー)」という語が普及した。
>ロズウェル事件[編集]
詳細は「ロズウェル事件」、「グレイ (宇宙人)」、および「MJ-12」を参照
ケネス・アーノルド事件の直後に起きた、いわゆる「ロズウェル事件」は極めて有名であり、複数のフィクションにおいて何度も題材にされているほどである(ロズウェル – 星の恋人たちなど)。これは、アメリカ・ニューメキシコ州のロズウェル近郊に「UFOが墜落し、その残骸が軍によって回収され秘匿されている」というものだ。
引用元:未確認飛行物体 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AA%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E7%89%A9%E4%BD%93