「左沢線」あてらざわせん 「フルーツライン左沢線」 「あちらの沢」説

174vwCnDOo
愛称を「フルーツライン」という
JR東日本の路線です
左沢線
あてらざわせん(答)


さくらんぼが特産品の山形県中央部にある都市は◯◯◯市?
寒河江
さがえ(答)

VyhWVZy
引用元:個別「フラワー長井線、山形新幹線、左沢線 路線図」の写真、画像、動画 – (2013 はてな) – iwase_akihiko’s fotolife http://f.hatena.ne.jp/iwase_akihiko/20130610194614

左沢線(あてらざわせん)は、山形県山形市の北山形駅から山形県西村山郡大江町の左沢駅を結ぶ、東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(地方交通線)である。「フルーツライン左沢線」(フルーツラインあてらざわせん)の愛称が付けられている。
引用元:左沢線 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A6%E6%B2%A2%E7%B7%9A

大江町の中心地は左沢と書いて「あてらざわ」と読む珍しい地名です。その読みの難しさから「JR左沢駅」は鉄道マニアの間でも知る人ぞ知る最難読駅の一つです。左沢の地名については古くからいろんな説があります。(以下諸説)
その1:
 江戸時代の「出羽国風土略記(でわのくにふうどりゃっき)」には最上川を基準にして「あちらの沢」「こちらの沢」といったことから「あちらの沢」=「あてらざわ」になったという説があります。ここでなぜ「こちら=右側」で、「あちら=左側」で定着したのかについては更に諸説あります。寒河江荘の領主大江氏が長岡山に登って西の方を見たときに平野山の左方に見える山谷を指して「あちの沢」と呼んだことが起こりだとする説や、大江町富沢の西にある山岳信仰の山である日光山で、東から昇る太陽を礼拝した時に左に見える沢を「あてらざわ」呼んだとする説があります。
その2:
 「あてら」の「あて」は植物の「アテの木」で、それに接尾語がついたとする説があります。アテの木とはヒバ(アスナロ)のことで、石川県能登半島での呼び名です。
引用元:左沢[あてらざわ]の地名の由来 – 大江町観光物産協会HP http://oekanko.jp/?page_id=162

左沢駅(あてらざわえき)は、山形県西村山郡大江町大字左沢字前田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)左沢線の駅。同線の終着駅であり、難読駅名としても知られる。
引用元:左沢駅 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A6%E6%B2%A2%E9%A7%85