「薩埵峠」さったとうげ 駿河湾に突き出た峠 「東海道五十三次 由比」

046jvBxgyPfDR
眼科に「東海の親不知子不知」と
呼ばれる海岸線が広がる、駿河湾
に突き出た静岡県の峠は◯◯峠?
◯の漢字をひらがなげ答えなさい
さった
「薩埵峠」さったとうげ

薩埵峠(さったとうげ)は、静岡市清水区由比町にある峠である。東海道五十三次では由比宿と興津宿の間に位置する。ワードプロセッサーでは埵の字が変換できないため、薩堆峠の表記やカタカナでサッタ峠と表記する例が増えている。
>旧清水市と旧由比町の境界部は、山が海へと突き出す地形となっており、古くは海岸線を波にさらわれぬよう駆け抜ける必要があった。このため、同様の状態であった新潟県・富山県境の親不知と並び称されたり、東海道の三大難所として語られてきた。このため山側に迂回コースとして造られたのが薩埵峠である。
引用元: 薩た峠 – Wikipedia