フランスの歴代大統領「ポンピドゥー」「ミッテラン」「サルコジ」

053kfLkIDe
次のうち、フランスの
歴代大統領を1つ選びなさい
アネルカ 仏サッカー選手「ニコラ・アネルカ」
ミッテラン(答)
ジョルカエフ 仏サッカー選手「ユーリ・ジョルカエフ」
トレゼゲ 仏サッカー選手「ダヴィド・トレゼゲ」
サルコジ(答)
ポンピドゥー(答)
カントナ 仏サッカー選手「エリック・カントナ」
パパン 仏サッカー選手「ジャン=ピエール・パパン」

ダミーが全員サッカー選手ですが、作問者はサッカー好きなのでしょうか?

連想
フランス第5共和制大統領
元・ロスチャイルド銀行頭取
在任中に白血病で他界
パリにある文化施設に名を残す
ジョルジュ・ポンピドゥー(答)

フランソワ・モリス・アドリヤン・マリー・ミッテラン(François Maurice Adrien Marie Mitterrand, 1916年10月26日 – 1996年1月8日)は、フランスの政治家。社会党所属(第一書記)。第21代フランス大統領(フランス第五共和政)を2期14年にわたって務め、1993年からはアンドラ公国の共同元首にも就任した。
引用元:フランソワ・ミッテラン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%AF%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%A9%E3%83%B3

ニコラ・ポール・ステファヌ・サルコジ・ド・ナジ=ボクサ(フランス語: Nicolas Paul Stéphane Sarközy de Nagy-Bocsa、1955年1月28日 – )は、フランスの政治家。第23代フランス大統領(フランス第五共和政)(2007年5月16日 – 2012年5月14日)およびアンドラ公国の共同大公。前国民運動連合党首。フランスの大統領としては異色の新保守主義者、新自由主義者とされる。ユダヤ人を母に持つハンガリー移民2世で、ともにアメリカですら例のない移民2世、ユダヤ系の大統領の誕生はフランスの多民族国家化を強く印象づけた。本人はカトリック信者である[1]。
引用元:ニコラ・サルコジ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%82%B8

ジョルジュ・ジャン・レイモン・ポンピドゥー(Georges Jean Raymond Pompidou 発音例、1911年7月5日 – 1974年4月2日)は、フランスの政治家。シャルル・ド・ゴール大統領の下で首相(在任 1962年4月16日 – 1968年7月13日)。第19代フランス大統領(フランス第五共和政)(在任 1969年6月20日 – 1974年4月2日)。日本の報道関係では慣用的にポンピドーと表記することが多い。また、ポンピドゥ(こちらの方がフランス語の発音に忠実)、ポンピドウなどの表記もある。
引用元:ジョルジュ・ポンピドゥー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%BC