「ジョセフ・ロートブラット」ノーベル平和賞を受賞したポーランドの物理学者「パグウォッシュ会議元会長」 「小川岩雄」「湯川秀樹」「朝永振一郎」第1回パグウォッシュ会議出席 「イツハク・ラビン」オスロ合意に調印した元イスラエル首相 テルアビブで暗殺される

079FwQphEm
1995年にノーベル平和賞を受賞
パグウォッシュ会議の元会長
ラッセル=アインシュタイン宣言
ポーランド生まれの物理学者
ジョゼ・ラモス=ホルタ
シモン・ペレス
ジョディ・ウィリアムズ
ジョセフ・ロートブラット(答)

一問多答
次のうち、科学者による「パグウォッシュ会議」の第1回会議に出席した日本人を全て選びなさい
小川岩雄(答)
湯川秀樹(答)
朝永振一郎(答)

本問の選択肢から想起した下記連想問題が紛らわしいですね。

CIMG7745INewbRwpVQug
1994年にノーベル平和賞を受賞
元イスラエル首相
首相としてオスロ合意に調印
1995年にテルアビブで暗殺
イツハク・ラビン(答)
リゴベルタ・メンチュウ
ジョゼ・ラモス=ホルタ
ヤセル・アラファト

256EfbsITM
1994年にノーベル平和賞を受賞
元イスラエル首相
外務大臣としてオスロ合意に尽力
2007年イスラエル大統領に就任
ジョセ・ラモス=ホルタ
ヤセル・アラファト
シモン・ペレス(答)
リゴベルタ・メンチュウ
引用元:「シモン・ペレス」オスロ合意に尽力しノーベル平和賞 「イスラエルとパレスチナの二国間共存」を目指す 元イスラエル首相・大統領 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/22153/

ジョセフ・ロートブラット(Sir Joseph Rotblat, 1908年11月4日 – 2005年8月31日)は、ポーランド・イギリスの物理学者で平和活動家。
>後にイギリス国籍を取得した(ポーランドとイギリスの二重国籍)。ラッセル=アインシュタイン宣言に署名した11人の科学者の一人であり、パグウォッシュ会議の会長を務めた。
マンハッタン計画に参加したが、ナチス・ドイツに原爆の開発能力がないことが明らかになると、原爆開発はもはや不要であるとして完成前に脱退した[1]。
1995年にパグウォッシュ会議と共にノーベル平和賞受賞。
引用元:ジョセフ・ロートブラット – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%BB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
ロートブラット
ろーとぶらっと
Joseph Rotblat
(1908―2005)

イギリスの物理学者。ポーランド生まれ。5歳のとき第一次世界大戦が始まり、苦学してポーランド自由大学を卒業。1939年、30歳のとき祖国を離れ、イギリスのリバプール大学でサイクロトロンの研究に携わる。その後、アメリカの核兵器開発プロジェクト「マンハッタン計画」に参加するため渡米するが、核兵器開発への疑問を抱き、1944年同計画から離脱しアメリカを去る。1955年核廃絶を目ざす「ラッセル・アインシュタイン宣言」に原署名者として参加。1957年核兵器と戦争の廃絶を目ざす科学者の会議「パグウォッシュ会議」をバートランド・ラッセルらと創設。1973年まで事務局長を務め、1988年会長に就任。一貫して核兵器廃絶に向けて尽力してきたことに対し、1995年パグウォッシュ会議とともにノーベル平和賞が贈られた。[編集部]
引用元:ロートブラット(ロートブラット)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88-173563

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
パグウォッシュ会議
ぱぐうぉっしゅかいぎ

世界の科学者が、科学者の立場から戦争と平和に関する諸問題を討議するために創設された会議と運動。1957年7月、カナダのノバ・スコシア州にある小都市パグウォッシュで、第1回「科学と国際問題に関する会議」Conference on Science and World Affairsが開催され、以後、世界各地で年1、2回開かれているが、第1回開催地の名をこの会議の通称としている。パグウォッシュ会議開催のきっかけとなったのは、1955年に11名の連名で発表された「ラッセル‐アインシュタイン宣言」である。この声明は、核兵器開発によって人類は絶滅の危機に直面しており、核兵器の脅威から逃れるには戦争を廃絶するしかない、このような問題について科学者の間でもっと議論をすべきであろう、というものであった。第1回会議は、B・ラッセル、湯川秀樹(ひでき)ら5名が招請し、東西各国から22名が参加、日本からは湯川、朝永(ともなが)振一郎、小川岩雄(1921―2006)の3名が参加した。
引用元:パグウォッシュ会議(パグウォッシュかいぎ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%91%E3%82%B0%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E4%BC%9A%E8%AD%B0-113626

知恵蔵2015の解説
ラッセル・アインシュタイン宣言

核危機の克服を訴えた哲学者バートランド・ラッセルと物理学者アルバート・アインシュタインを中心とする世界的科学者の声明。湯川秀樹ら11人が署名、1955年発表。米ソの水爆実験競争という世界情勢に対し、同宣言は「存続が疑問視されている人類という種の一員」という立場から、戦争の廃絶を訴えた。パグウォッシュ会議(Pugwash Conference)は、この宣言の精神を引き継ぐ科学者の国際会議。57年、第1回をカナダのパグウォッシュ村で開催、日本から湯川、朝永振一郎らが参加。(1)核エネルギー使用の引き起こす障害、(2)核兵器の管理、(3)科学者の社会的責任などを討議。95年同会議とジョゼフ・ロートブラット会長(当時)がノーベル平和賞を受賞。日本では、75年と89年にシンポジウムを、95年と2005年に年次総会を開催。
(坂本義和 東京大学名誉教授 / 中村研一 北海道大学教授 / 2007年)
引用元:ラッセル・アインシュタイン宣言(らっせるあいんしゅたいんせんげん)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%AE%A3%E8%A8%80-181455

ジョゼ・ラモス=ホルタ(José Ramos-Horta, 1949年12月26日 – )は、東ティモールの政治家。同国大統領(第2代)、首相(第2代)を歴任した。民族抵抗評議会共同代表。ディリ出身。東ティモールの独立運動に関わり、1996年にはノーベル平和賞を受賞している。ポルトガル語ではHを発音しないため、ジョゼ・ラモス=オルタと表記する方がより原音に忠実である。
引用元:ジョゼ・ラモス=ホルタ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%BC%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%A2%E3%82%B9%EF%BC%9D%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%82%BF

シモン ペレス
Shimon Peres

1923 –
イスラエルの政治家。
元・イスラエル首相,イスラエル外相。
ポーランド生まれ。
ポーランドで生まれるが1934年パレスチナに行く。’48年より国防省に勤務し、’53年より6年間同省局長となる。その後国防次官等を務め、新党ラフィ創設後は、同書記長となる。’68年労働党結成のメンバーでもあり、’77年同党党首となる。’74〜77年国防相を経て、’84年首相に選ばれる。その後首相代行を経て92年外相となり、93年天敵といわれたラビン首相とともに対PLO秘密交渉に当たり、PLOとの歴史的和解を実現。
引用元:シモン ペレスとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B7%E3%83%A2%E3%83%B3+%E3%83%9A%E3%83%AC%E3%82%B9-1631625

ジョディ・ウィリアムズ (Jody Williams, 1950年10月9日 – )は、アメリカの教師で、平和活動家。バーモント州出身。地雷禁止国際キャンペーンの初代コーディネーターとして、対人地雷の禁止および除去について活動している。その活動が評価され、1997年に地雷禁止国際キャンペーンと共にノーベル平和賞を受賞した。
引用元:ジョディ・ウィリアムズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%82%BA