欧州の戦闘機「ハリアー」「ミラージュ2000」 ベレンコ中尉亡命事件「ミグ25」 アレクサンダー・リピッシュ「無尾翼機、デルタ翼気」ホルテン兄弟「全翼機」ハンス・フォン・オハイン「ジェット推進機」

013IEswWTI
次のうち
ヨーロッパで開発された
戦闘機を全て選びなさい
トムキャット
ラプター
ハリアー(答)
ミラージュ2000(答)
ユーロファイター(答)
スターファイター

016sEJlFcOGKJ
次の日本の航空自衛隊に
配備されている
航空機の写真と名称の
正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
Aの画像   F-4戦闘機
Bの画像   F-2戦闘機
Cの画像   F-15戦闘機(イーグル)

CIMG7326nrtPvSSHTMrh
次のうち、航空自衛隊が
保有する戦闘機を
全て選びなさい
F-18J
F-4EJ(答)
F-22J
F-2(答)
F-15J(答)
F-14J
引用元:航空自衛隊の戦闘機と画像 F-2「青」 F-4「真横」「グレー」「垂直尾翼一枚」 F-15「斜め45度」「垂直尾翼2枚」「イーグル」 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/1351/

CIMG3923
次のドイツ出身の科学者と
開発したものの
正しい組み合わせを選びなさい
アレクサンダー・リピッシュ───無尾翼機、デルタ翼機
ホルテン兄弟───全翼機
ハンス・フォン・オハイン───ジェット推進機

CIMG7150mRcRVdYSjsmb
1976年にソ連のベレンコ中尉が
函館に亡命した時に乗っていた
迎撃戦闘機は「ミグ○○」?
52
24
43
25(答)
「ミグ25」

WgBzErfBJmOf

第二次大戦中、アメリカ軍は
日本軍の戦闘機「隼」のことを
コードネームで何と呼んだ?
オスカー(答)

CIMG0830jMyGMuklEBys
次のうち、ライト兄弟以前に
飛行機の発明を試みた発明家を
全て選びなさい
×トーマス・セイヴァリ  蒸気機関
◯ウィリアム・ヘンソン
×ジェームス・スターレー  自転車
◯ジョン・ジョセフ・モンゴメリー
◯フレデリック・マリオット
◯ジョン・ストリングフェロー
×ジョン・ケイ  飛び杼
引用元:「ハフマンプレーリー」ライト兄弟初飛行の地 ライト兄弟以前の飛行機発明家「ヘンソン」「モンゴメリー」「マリオット」「ストリングフェロー」 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/3356/

F-22は、ロッキード・マーティン社とボーイング社が共同開発した、レーダーや赤外線探知装置などからの隠密性が極めて高いステルス戦闘機。愛称は猛禽類の意味のラプター(Raptor)。複数の用途での運用が可能なマルチロール機であり、開発元のロッキード・マーティン社はAir Dominance(航空支配)というキャッチフレーズを用いている[2]。
引用元:F-22 (戦闘機) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/F-22_(%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F)

ホーカー・シドレー ハリアー(Hawker Siddeley Harrier)は、イギリスのホーカー・シドレー社が開発した世界初の実用垂直離着陸機(STOVL機)である。原型機の初飛行は1960年。本機をベースに海軍型のシーハリアーが開発されたほか、アメリカのマクドネル・ダグラス社は、より洗練されたハリアー IIを開発した。
ハリアーの名は小型猛禽類であるチュウヒのこと。前身である実験機、ケストレルの名前は同じく小型猛禽類であるチョウゲンボウのことである。これらの鳥は、向かい風の中でホバリング(空中停止)をすることがあるため、VTOL機の名称として採用されたと考えられる。
引用元:ホーカー・シドレー ハリアー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BC_%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BC

ダッソー ミラージュ2000(Dassault Mirage 2000)は、フランスのダッソー社製の軍用機。もとは迎撃戦闘機の要求に基づいて開発され、第4世代ジェット戦闘機としては小型・軽量な戦闘機であるが、改良が続けられた結果、世界的に有名なミラージュ・シリーズ初のマルチロール機となった。フランス空軍の他に、8か国の空軍に採用された。基本的には機敏な加速性などを特徴とする機体で、日本周辺では台湾の中華民国空軍の主力機であり、中華人民共和国空軍との軍事バランスを台湾海峡で押し留める事に一役買っている。
引用元:ミラージュ2000 (戦闘機) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A52000_(%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F)

ユーロファイター タイフーン(Eurofighter Typhoon)は、NATO加盟国のうちイギリス、ドイツ(計画開始当時西ドイツ)、イタリア、スペイン、の4ヶ国が共同開発した戦闘機で、デルタ翼とコックピット前方にカナード(前翼)を備え、カナードデルタ(canard-delta)と呼ばれる形式の機体構成をもつマルチロール機。
引用元:ユーロファイター タイフーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC_%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%B3

ヨーロッパの戦闘機といえば、ユーロファイター タイフーン、この戦闘機は、NATO北太西洋条約機構という軍事同盟を結んでいるイギリス、西ドイツ、イタリア、スペインの4カ国が共同で開発を行った機体で、愛称はタイフーン。
>フランスの主力戦闘機、ラファール

このラファールは、ユーロファイターと同じくマルチロール機で、フランスは、当初ユーロファイターの共同開発国として、名を連ねていましたが、フランスの航空産業保護と、ヨーロッパ各国と比べ自国の産業が格上だという自負があることから、参加を拒否し、自国での戦闘機の開発、生産を目指しました。
>スウェーデンが開発した戦闘機、サーブ39グリペン
引用元:ヨーロッパ各国の戦闘機 | ミリタリーショップ レプマート http://repmart.jp/blog/military-terms/european-fighter/