ヴィクトル・「ヤヌコビッチ」 ウクライナ危機で逃亡した元大統領  贅沢三昧の御殿

009MqVNABm
2010年から2014年にかけて
ウクライナの第4第大統領を
務めた政治家はヴィクトル・
◯◯◯◯◯◯?
ユラルチュク
クヌチェンチ
トシコシッフ
ヤヌコビッチ答)
Віктор Янукович

ヴィークトル・フェードロヴィチ・ヤヌコーヴィチ(ウクライナ語: Віктор Федорович Янукович ローマ字表記は、Viktor Fedorovych Yanukovych、1950年7月9日 – )は、ウクライナの政治家。ヤヌコヴィチ、ヤヌコヴィッチ、ヤヌコビッチ、ヤヌコービッチ、ヤヌコーヴィッチとも表記される。大統領(第4代)、元首相(第9・12代)を歴任した。経済科学博士、教授。ウクライナ功労運輸労働者。
>2010年の大統領選挙に立候補し、1月17日に行われた第1回投票の結果、約35%の得票率で1位となったが過半数には届かなかったため、ユーリヤ・ティモシェンコとの決選投票に臨み、2月7日の投票の結果勝利。2月14日にティモシェンコが選挙にて不正が行われたと主張、法廷闘争に持ち込む意向を表明し[10]、2月16日にウクライナ最高行政裁判所に提訴した[11]ものの、2月20日、ティモシェンコが訴えを取り下げたため、ヤヌコーヴィチの当選が確定した[12]。
2011年1月には日本を公式訪問した。日本滞在時には大勲位菊花大綬章を今上天皇より授与されている[13]。
ウクライナは2013年に欧州連合との政治・貿易協定の仮調印を済ませたが、ロシア寄りの姿勢を見せるヤヌコーヴィチはロシアからの圧力もあり調印を見送る[14]。これに対し欧州連合寄りの野党勢力から強い反発が起こり、ウクライナ国内は大規模な反政府デモが発生するなど騒乱状態に陥った(2014年ウクライナ騒乱)。事態収拾のため2014年2月21日には挙国一致内閣の樹立や大統領選挙繰り上げなどの譲歩を示したがデモ隊の動きを止めることはできず[15]、22日に首都キエフを脱出。ウクライナ議会はヤヌコーヴィチの大統領解任を決議したが、ヤヌコーヴィチはクーデターであるとして辞任に同意していない[16]。
引用元:ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%A4%E3%83%8C%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%81

まるでセール会場のオープンを待ちわびるかのような人だかりだ。午前9時になると門が開き、人々はきらびやかな「夢の跡」を目にしようと我先になだれ込んでいく。

反政府デモの広がりから、政権崩壊にいたったウクライナ。失脚したビクトル・ヤヌコビッチ前大統領の邸宅が2月22日より一般公開され、毎日数千人のキエフ市民が見物に訪れる騒ぎになっている。今までほとんど人通りのなかった周辺の道路も大渋滞だ。

邸宅があるのは、キエフ中心部から15kmほど北上したドニエプル河沿い。政権転覆前は、高い塀と厳重な警備にはばまれて、一般市民が中の様子をうかがい知ることはできなかった。当時の使用人や出入り業者は、中の様子を撮影しないように入り口で携帯電話を取り上げられるほどの厳戒ぶりだったという。

>「豪勢な暮らしぶりに憤慨する市民もいるが、女性たちは『素敵な撮影スポット』を探しては記念写真を撮りまくり、子供はたくさんの動物を見つけて大はしゃぎだ。大統領専用のカラオケセットで歌いだす男たちもおり、汚職御殿はいまや『ウクライナ・ディズニーランド』と呼ばれている」
>ウクライナ人の平均月収はわずか3万円ほどで、庶民は非常に貧しい生活を強いられている。また、同国政府は約375億ユーロという巨額の対外債務を抱えており、デフォルトの危機に瀕している。

腐敗と汚職の象徴であるゴージャスな御殿を訪れて束の間の贅沢気分を味わった後、帰路につく人々のため息はとてつもなく深い。
引用元:40億円のシャンデリア、庭に動物園、金ぴかトイレ ヤヌコビッチ御殿のウクライナ前大統領「財宝」目録  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社] http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38626

ウクライナ危機

ウクライナで昨年2月、親ロシア路線に抗議する市民に治安部隊が発砲。混乱の中ヤヌコビッチ前大統領が逃亡し、親欧州路線の政権が発足した。しかし、ロシアは「欧米が扇動したクーデターだ」と反発し、南部クリミア半島を併合。4月からは東部で親ロシア派と軍の戦闘が始まった。5月の大統領選で親欧州のポロシェンコ氏が圧勝。親ロシア派と9月に停戦合意したにもかかわらず、戦闘が続き、2月に再び停戦合意した。これまでに民間人を含む6千人以上が犠牲になった。
(2015-04-05 朝日新聞 朝刊 1経済)
引用元:ウクライナ危機とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A6%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A%E5%8D%B1%E6%A9%9F-1705322