「ライン川(北海へ)」ドイツ領内にある国際河川 「ドナウ川(黒海へ)」「セーヌ川(イギリス海峡へ)」「ローヌ川(地中海へ)」

003maRWpAR
ドイツ領内にある65kmの渓谷が
世界遺産になっている
ヨーロッパを流れる国際河川は
◯◯◯川?
ドイヌ
ラール
ロナン
ライン(答)
「ライン川」

恥ずかしながら、ライン川、ドナウ川、セーヌ川、ドナウ川、すべてがごっちゃになっておりました。

fJszyyC
引用元:クルーズ専門旅行会社クルーズザリバー / ライン川 http://cruisetheriver.velvet.jp/products/list.php?category_id=15

ヨーロッパの主要な地形 ①河川
dryTyvF
GAydqxy
BtGaISq
引用元:ヨーロッパの主要な地形 ①河川|大学受験の世界史のフォーラム ― 東大・一橋・外語大・早慶など大学入試の世界史のために ― http://ameblo.jp/worldhistory-univ/entry-11962371284.html

連想
全長約780km
水源はラングル高地
隅田川と友好河川提携
パリを流れる
セーヌ川

連想
かつての名前はリゲル川
「フランスの庭園」
ビスケー湾に注ぐ
フランス最長の川
ロワール川(答)

ライン川(ラインがわ、阿:Rhy、巴 / 独: Rhein、蘭: Rijn、仏: Rhin、英: Rhine、羅: Rhenus)は、ヨーロッパを流れる川。
スイスアルプスのトーマ湖に端を発し、ボーデン湖に入りドイツ・フランスの国境を北に向かう、ストラスブールを越えてカールスルーエの少し南からドイツ国内を流れ、ボン、ケルン、デュッセルドルフ、デュイスブルクなどを通過しオランダ国内へと入ったあと2分岐し、ワール川とレク川となりロッテルダム付近で北海に注いでいる。
全長1,233キロ。そのうちドイツを流れるのは698キロである。ドイツにとっては特に重要な川であり、ライン流域を主軸のひとつとしてドイツ史は展開していった。また、ドイツ語の名詞には男性名詞と女性名詞があるが、河川のほとんどは女性名詞であるのに対し、ライン川、マイン川、ネッカー川などごく少数の川だけは男性形であらわされる。そのこともあって、ドイツ人はこの川を「父なる川」と呼んでいる。ドナウ川とともに、外国の船が自由に航行する国際河川の一つ。
引用元:ライン川 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%B7%9D

ドナウ川(ドナウがわ、ラテン語:Danubius、スロヴァキア語:Dunaj、セルボクロアチア語:Dunav, ドイツ語: Donau, ハンガリー語 Duna, ブルガリア語: Дунав, ルーマニア語: Dunăre、英語、フランス語: Danube)は、ヴォルガ川に次いでヨーロッパで2番目に長い大河である。
>ドイツ南部バーデン=ヴュルテンベルク州の森林地帯「シュヴァルツヴァルト(黒い森)」に端を発し、概ね東から南東方向に流れ、東欧各国を含む10ヶ国を通って黒海に注ぐ重要な国際河川である。河口にはドナウ・デルタが広がる。全長は2,850 km。
引用元:ドナウ川 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%8A%E3%82%A6%E5%B7%9D

セーヌ川(セーヌがわ、Seine)は、フランスを流れる河川である。流域も全体がフランスに属している。全長780kmは、フランスではロワール川に続いて第二の長さ[1]である。
>ディジョンの北西30kmの海抜471mの地点に源を発し北西に向かい、パリを流れ、ル・アーヴルとオンフルールの間のセーヌ湾に注ぐ。
中下流部は大きく蛇行した流れが特徴で、パリを抜けるあたりから何度も繰り返す。ジヴェルニー、ヴェルノンの付近は、しばらく治まるが、ルーアンの近辺でふたたび蛇行が始まる。
引用元:セーヌ川 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%8C%E5%B7%9D

ロワール川(フランス語:Loire、オック語:Léger/Leir、アルピタン語:Lêre、ブルトン語:Liger)は、フランスの中央部を流れる川である。長さは1,012km、流域面積は117,000km²でフランスの面積の5分の1を占める。中央高地に源を発し、大西洋に注ぐ。
ロワール渓谷の中部は、2000年にユネスコの世界遺産に登録された。
>セヴェンヌ高地の北東に源を発し、ロアンヌとヌヴェールを北へ流れる。オルレアンで西方に変え、トゥールを流れてナントで大西洋に注ぐ。
平野部の傾斜度が緩く流域が広大なため、しばしば深刻な洪水が起こっており、1856年、1866年、1910年のものが知られている。
西ヨーロッパの川としては珍しく、自然な流れの障害となるダム[1]や水門は少ない。それにより、ロワール川では船による旅行を可能とし、田園風景や石灰岩の崖、童話の世界のような城の景観を楽しむことができるため人気が高い。
引用元:ロワール川 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%B7%9D

ローヌ川(Le Rhône)は、フランス4大河川の一つで、主としてフランス南部を流れて地中海に注ぐ唯一の川であり、4大河川のうち唯一の男性名詞でもある。全長812kmのうち、フランス国内を流れるのは581kmである。フランスを流れる川としては長さ・流域面積とも屈指のものとなっている。
引用元:ローヌ川 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%8C%E5%B7%9D