「シモン・ペレス」1994ノーベル平和賞 オスロ合意

112spmjaertckc
256EfbsITM
1994年にノーベル平和賞を受賞
元イスラエル首相
外務大臣としてオスロ合意に尽力
2007年イスラエル大統領に就任
ジョセ・ラモス=ホルタ
ヤセル・アラファト
シモン・ペレス(答)
リゴベルタ・メンチュウ
42%

一問多答
次のうち、中東和平への貢献で1994年にノーベル平和賞を受賞した人物を全て選びなさい
ヤセル・アラファト(答)
イツハク・ラビン(答)
シモン・ペレス(答)
ジョン・ヒューム 「北アイルランド和平」1998ノーベル平和賞
デービッド・トリンブル 「北アイルランド和平」1998ノーベル平和賞
ネルソン・マンデラ 「アパルトヘイト撤廃」1993ノーベル平和賞

079FwQphEm
1995年にノーベル平和賞を受賞
パグウォッシュ会議の元会長
ラッセル=アインシュタイン宣言
ポーランド生まれの物理学者
ジョゼ・ラモス=ホルタ
シモン・ペレス
ジョディ・ウィリアムズ
ジョセフ・ロートブラット(答)
引用元:「ジョセフ・ロートブラット」ノーベル平和賞を受賞したポーランドの物理学者「パグウォッシュ会議元会長」 「小川岩雄」「湯川秀樹」「朝永振一郎」第1回パグウォッシュ会議出席 「イツハク・ラビン」オスロ合意に調印した元イスラエル首相 テルアビブで暗殺される http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/22476/

CIMG7745INewbRwpVQug
1994年にノーベル平和賞を受賞
元イスラエル首相
首相としてオスロ合意に調印
1995年にテルアビブで暗殺
イツハク・ラビン(答)
リゴベルタ・メンチュウ
ジョゼ・ラモス=ホルタ
ヤセル・アラファト


1994年にノーベル平和賞を受賞
クフィーヤがトレードマーク
1957年ファタハを結成 
パレスチナ開放機構初代議長
ヤセル・アラファト(答)

連想
1992年にノーベル平和賞を受賞
ユネスコ親善大使
先住民族のキチェ族出身
グアテマラの人権活動家
リゴベルタ・メンチュウ(答)

シモン・ペレス(ヘブライ語: שמעון פרס‎, Shimon Peres, グレゴリオ暦1923年8月2日(ユダヤ暦5683年アブ20日) – )は、イスラエルの政治家。前同国大統領(第9代)。首相(第9・12代)を2期務めた。
>1992年、首相に就任したラビンはペレスを外務大臣に任命し、ヤーセル・アラファート率いるパレスチナ解放機構と和平交渉を進めさせる。元参謀総長であるラビンは国民から幅広く信頼されていたため、和平に反対する右派を抑え込むことができた。
ペレスの尽力によりイスラエル・パレスチナ間で和平合意がなされ、ノルウェーのオスロで「暫定自治政府原則の宣言(オスロ合意)」が締結された。、1994年にはヨルダンとの平和条約に調印する。これらの功績により、ペレスはラビン、アラファトと並んで1994年ノーベル平和賞を受賞した。しかし、1995年11月4日にラビンはテルアビブで和平反対派のユダヤ人青年イガール・アミルに銃殺されてしまう。緊急閣議で副首相・外相だったペレツが暫定内閣の首相代行に就任した。
>大統領[編集]
2007年6月13日に行われた大統領選にて、国会での投票でルーベン・リブリンを破り、第9代イスラエル大統領に当選。7月に正式に就任した。
2009年1月29日、ペレスはダボス会議でガザ紛争 (2008年-2009年)について、「ハマスによって沢山のイスラエルの人々が命を落とした」と25分間に渡ってイスラエルの正当性を訴えた。しかし、会議に同席していたトルコ首相エルドアンが「人殺しをしているのはイスラエルの方だ」などと糾弾し、ペレスと口論となった。エルドアンは「二度とこない」と吐き捨てるように言ってその場を去った[5]。
引用元:シモン・ペレス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%83%AC%E3%82%B9

シモン ペレス
Shimon Peres
国籍イスラエル
専門政治家
肩書イスラエル大統領 イスラエル労働党党首
本名Shimon〉 シモン〈Perski ペルスキ
生年月日1923/8/16
出生地ポーランド・ヴォウォズィン
学歴ニューヨーク大学卒;ハーバード大学卒
経歴1934年パレスチナへ移住、キブツで育つ。’47年独立闘争に参加し、’48年パレスチナ戦争の際海軍司令官となる。’53年国防次官、’59年国会議員、’59〜65年国防次官、’69〜70年経済担当国務相兼移民吸収相、’70〜74年運輸・通信相、’74年3〜6月情報相、’74年6月〜77年5月国防相を歴任。’68年以降も労働党メンバー。’77年4月ラビン首相辞任をうけ首相代行・労働党党首。同年5月の総選挙でリクード(右翼連合)に惨敗。’84年9月リクードとの挙国一致内閣で首相に就任。’86年10月首相代行兼外相。’88年12月〜’90年4月首相代行兼蔵相。’92年2月党首辞任。同年7月天敵といわれたラビン首相の下で外相となり、’93年ラビンとのコンビで対PLO秘密交渉に当たり、PLOとの歴史的な和解を実現させた。’94年ラビン、アラファトとともにノーベル平和賞を受賞。
引用元:シモン ペレスとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B7%E3%83%A2%E3%83%B3+%E3%83%9A%E3%83%AC%E3%82%B9-1631625

オスロ合意(オスロごうい、英語: Oslo Accords、アラビア語: اتفاقية أوسلو‎、ヘブライ語: הסכמי אוסלו‎)は、1993年にイスラエルとパレスチナ解放機構(PLO)の間で同意された一連の協定。正式には暫定自治政府原則の宣言(ざんていじちせいふげんそくのせんげん、英語: Declaration of Principles on Interim Self-Government Arrangements)と呼称する。
主に以下の二点が合意内容とされている。
イスラエルを国家として、PLOをパレスチナの自治政府として相互に承認する。
イスラエルが占領した地域から暫定的に撤退し5年にわたって自治政府による自治を認める。その5年の間に今後の詳細を協議する。
引用元:オスロ合意 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%83%AD%E5%90%88%E6%84%8F

ジョゼ・ラモス=ホルタ(José Ramos-Horta, 1949年12月26日 – )は、東ティモールの政治家。同国大統領(第2代)、首相(第2代)を歴任した。民族抵抗評議会共同代表。ディリ出身。東ティモールの独立運動に関わり、1996年にはノーベル平和賞を受賞している。ポルトガル語ではHを発音しないため、ジョゼ・ラモス=オルタと表記する方がより原音に忠実である。
引用元:ジョゼ・ラモス=ホルタ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%BC%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%A2%E3%82%B9%EF%BC%9D%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%82%BF

ヤーセル・アラファート(アラビア語: ياسر عرفات‎、Yāser ‘Arafāt、英語表記: Yasser Arafat など、1929年8月24日 – 2004年11月11日)は、パレスチナの軍人、政治家。パレスチナのゲリラ指導者で、天才的な戦術家として知られる。
パレスチナ自治政府大統領[2](初代)。パレスチナ解放機構(PLO)執行委員会議長、報道等ではヤセル・アラファトの表記が多い。
アラファートは、長らくパレスチナ解放運動においてイスラエルに対するゲリラの指導者として活躍し、幾度もの挫折を経ても復活したことから「不死鳥」と呼ばれた。しかし、後に穏健路線に転じ、1993年にはイスラエルとの歴史的な和平協定を果たしてパレスチナ暫定自治政府を建設する。これによって1994年にノーベル平和賞を受賞したが、イスラエル側で和平を主導していたイツハク・ラビンが暗殺されてからはイスラエルとの和平プロセスは停滞し、晩年にはイスラエル政府やパレスチナ内の和平に反対する運動との対立に苦しめられた。
引用元:ヤーセル・アラファート – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%88

リゴベルタ・メンチュウ・トゥム(Rigoberta Menchú Tum, 1959年1月9日キチェ県チメール – )はグアテマラのマヤ系先住民族の1つキチェ族(英語版)の人権活動家・実業家である。1992年にノーベル平和賞、1998年にアストゥリアス皇太子賞国際協力部門を受賞した。メンチュウはユネスコ親善大使の1人である。人類学者のエリザベス・ブルゴスによる聞き取り『私の名はリゴベルタ・メンチュウ』(1983年)、Crossing Borders などの著書がある。幼少期から不正、差別、人種差別、グアテマラの極貧状態で生きる何十万もしくは何百万人もの先住民に対する搾取の事実を痛切に感じていた。軍と準軍組織により、両親、兄弟、共同体のメンバーが暗殺されている。
2007年2月12日メンチュウは先住民の政党をつくり、2007年大統領選挙に立候補すると発表し、「グアテマラのための出会い」の候補者となった。9月10日、メンチュウの得票は約3.06%にとどまった。
引用元:リゴベルタ・メンチュウ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%B4%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%A6

ユダヤ人迫害とイスラエル建国による中東戦争
では、そもそも中東戦争とはどのようなものなのでしょうか。イスラエル・パレスチナ間の対立は、民族、宗教、政治、経済など、色々な要因が絡み合った複雑な問題です。19世紀末、国家を持たなかったユダヤ人が、世界各地で起こった迫害から逃れ、イスラエルの地(パレスチナ)に祖国を作りたいという運動(シオニズム)を起こします。そして、英国によるパレスチナ委任統治の終了した1948年、イスラエルが独立を宣言。これに対して周辺のアラブ諸国が強く反発し、第一次中東戦争が起こりました。その後も中東戦争は断続的に勃発し、イスラエルのユダヤ人と、それまでこの周辺に暮らしていたパレスチナ人を含むアラブ人との対立は、石油危機など世界中に大きな影響を与え、多くのパレスチナ難民を発生させました。
nsmwRKW
オスロ合意
イスラエルの独立宣言以降、紛争が続きましたが、1990年代に入ると徐々に和平への機運が高まってきます。1993年には、イスラエル政府とパレスチナ解放機構(PLO)との間で、オスロ合意が成立。イスラエルとパレスチナは2つの国家として共存していく理念(二国家共存)を、国際社会と共有することになりました。その後1990年代を通し、オスロ合意に基づいて、最終的な和平に向けた話し合いが続けられました。

現在のパレスチナ情勢
イスラエル・パレスチナ間のみならず、パレスチナ内部の対立も、和平を妨げる大きな要因となっています。2006年のパレスチナ立法議会選挙で、イスラエルを承認せず、武力闘争を標榜するイスラム過激派組織のハマスが圧勝します。ハマスと、これまで政権を担っていたアッバース大統領率いるファタハは連立組閣を目指しますが、最終的に非ハマス系閣僚を多数含む「挙国一致内閣」が成立しました。しかし、ファタハとハマスの対立は激化し、2007年、ハマスはガザ地区を占拠します。武力をもってガザ地区を制圧したハマスに対して、国際社会からの非難が集中します。以後イスラエルとハマス、およびハマスとファタハの衝突は続き、イスラエル・パレスチナ双方の一般市民の生命を脅かす、深刻な事態へと発展しています。
dyptrJR
引用元:外務省: わかる!国際情勢 Vol.15 「対立」を越えて ~イスラエル・パレスチナの信頼関係を構築する http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/wakaru/topics/vol15/index.html