「少年法」の少年「20歳未満」 「児童福祉法」の児童「満18歳未満」 「母子及び父子並びに寡婦福祉法」の児童「満20歳未満」

126WYsrhxu
日本の少年法における
「少年」とは
何歳未満の者を指している?
数字で答えなさい
20(答)

(この法律の目的)
第一条  この法律は、少年の健全な育成を期し、非行のある少年に対して性格の矯正及び環境の調整に関する保護処分を行うとともに、少年の刑事事件について特別の措置を講ずることを目的とする。
(少年、成人、保護者)
第二条  この法律で「少年」とは、二十歳に満たない者をいい、「成人」とは、満二十歳以上の者をいう。
2  この法律で「保護者」とは、少年に対して法律上監護教育の義務ある者及び少年を現に監護する者をいう。
引用元:少年法 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO168.html

192IJVXATI
日本の児童福祉法において
「児童」と規定されているのは
満◯◯歳未満? ◯を答えなさい
18(答)

ですが
母子及び寡婦福祉法において「児童」と規定されているのは満◯◯歳未満?
20(答)

第四条  この法律で、児童とは、満十八歳に満たない者をいい、児童を左のように分ける。
一  乳児 満一歳に満たない者
二  幼児 満一歳から、小学校就学の始期に達するまでの者
三  少年 小学校就学の始期から、満十八歳に達するまでの者
引用元:児童福祉法 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO164.html

第六条
(中略)
3  この法律において「児童」とは、二十歳に満たない者をいう。
4  この法律において「寡婦」とは、配偶者のない女子であつて、かつて配偶者のない女子として民法 (明治二十九年法律第八十九号)第八百七十七条 の規定により児童を扶養していたことのあるものをいう。
5  この法律において「母子家庭等」とは、母子家庭及び父子家庭をいう。
引用元:母子及び父子並びに寡婦福祉法 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S39/S39HO129.html

少年法(しょうねんほう、昭和23年7月15日法律第168号)は、少年の保護事件、少年や一定の福祉犯罪を犯した成人の刑事事件に関する刑事訴訟法の特則を規定した日本の法律。
>触法少年に対する行政機関による保護処分について定めた1922年に制定された旧少年法(大正11年法律42号)を戦後、GHQの指導の下に全部改正して成立した。
少年法では未成年者には成人同様の刑事処分を下すのではなく、原則として家庭裁判所により保護更生のための処置を下すことを規定する。ただし、家庭裁判所の判断により検察に逆送し刑事裁判に付さしめることもできるが、その場合においても不定期刑や量刑の緩和など様々な配慮を規定している(51条、52条、58条、59条、60条等。少年保護手続の項目も参照)。なお、少年に対してこのような規定をおくのは、未成年者の人格の可塑性に着目しているためとされている。
>本法でいう「少年」とは20歳に満たない者を、「成人」とは満20歳以上の者をいい(2条1項)、性別は無関係である。
引用元:少年法 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%91%E5%B9%B4%E6%B3%95

児童福祉法【じどうふくしほう】

18歳未満の児童とその福祉に関する総合的基本法(1947年公布,1948年施行)。従来の少年教護法・児童虐待防止法などの対象が要保護児童等一部児童に限られ消極的な内容であったのに対し,すべての児童の権利を規定した点に意義がある。
引用元:児童福祉法(じどうふくしほう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%85%90%E7%AB%A5%E7%A6%8F%E7%A5%89%E6%B3%95-74442

児童福祉法(じどうふくしほう、昭和22年12月12日法律第164号)は、児童の福祉を担当する公的機関の組織や、各種施設及び事業に関する基本原則を定める日本の法律である。社会福祉六法の1つ。
第1章 – 総則(1~18条の24)
第2章 – 福祉の保障(19~34条の2)
第3章 – 事業及び施設(34条の3~49条)
第4章 – 費用(49条の2~56条の5)
第5章 – 国民健康保険団体連合会の児童福祉法関係業務(第56条の5の2~第56条の5の4)
第6章 – 審査請求(第56条の5の5)
第7章 – 雑則(56条の6~59条の8)
第8章 – 罰則(第60条~第62条の7)
引用元:児童福祉法 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%90%E7%AB%A5%E7%A6%8F%E7%A5%89%E6%B3%95

我が国の法律では、「大人」かどうかを適用基準とする場面が多くあります。その一つとして、よく目にするのが「成年」でしょう。

 民法第3条は、「満二十年ヲ以テ成年トス」と規定し、成年者に対し独立・完全な財産行為能力を与えています。すなわち、満20歳以後は、私法上、財産取引に関する契約を締結したり、独立して親権を行使することが可能となっています。一方、20歳に達しない「未成年者」には、様々な制限が規定されています。
>この未成年者に似たものとして、「児童」や「少年」があります。

 例えば、児童福祉法では「満十八歳」、母子及び寡婦福祉法では「二十歳未満」、児童手当法や児童扶養手当法では「十八歳に達する日以後の最初の三月三十一日までの間にある者」を「児童」としています。児童福祉法は心身が成長期にあることに、母子・寡婦福祉法は子の扶養義務に、児童手当法や児童扶養手当法は学年度に着目して、それぞれ定められています。

 また、労働基準法では、「満十五歳に達した日以後の最初の三月三十一日が経過する日」まで児童を使用してはならないとしていますが、これは義務教育年齢と関係しています。
引用元:法制執務コラム集「法律の中での「大人」は何歳?」 http://houseikyoku.sangiin.go.jp/column/column049.htm