トニー・マラーノ 「テキサス親父」で知られる親日男性評論家

125cGWuujw
2014年に「夕刊フジ」で連載の
執筆を始めた、「テキサス親父」
の通称で呼ばれているアメリカの
男性評論家は?
ニトノラ・マーー
トニー・マラーノ(答)


痛快!テキサス親父特集
引用元:痛快!テキサス親父特集 – 政治・社会 – ZAKZAK http://www.zakzak.co.jp/society/tokushu/society-t23233.htm

トニー・マラーノ(Tony Marano、1949年2月19日 – )は、アメリカ合衆国の作家・評論家。イタリア系アメリカ人[1]。テキサス州に住んでいることから、日本のインターネットユーザーには通称テキサス親父(Texas Daddy)と呼ばれている[1]。動画サイトでの評論活動のほか、雑誌や新聞でも執筆活動をしている。
>2010年9月15日、産経デジタル・ZAKZAKとのコラボレーション企画「テキサス親父に訊け!」が始まる[9]。2011年2月に、テキサス州知事の推薦でテキサス州海軍協会名誉大将に就任[10][11][12](テキサス州海軍協会とは、テキサス州の歴史や環境保全、有事の州政府への治安維持協力を目的とした、テキサス州が設立した州外郭団体。その名称は、1836年にメキシコから分離独立し、1845年にアメリカ合衆国に併合された、テキサス共和国に存在した海軍に由来する)。
2011年2月に「テキサス親父日本事務局」を設立し、日本のファンへのサービス強化を行っている。現在は日本事務局の関係者が翻訳を行い動画に字幕を付けてYouTube(ID:OUTSIDESOUND)とニコニコ動画(ID:テキサス親父)に動画をアップロードしている。
引用元:トニー・マラーノ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8E

テキサス親父とは、Youtubeにて「プロパガンダ・バスター(PropagandaBuster)」と名乗るイタリア系アメリカ人男性である。
>本名はトニー・マラーノ(Tony Marano)。1949年ニューヨーク州ブルックリン生まれで独身。誕生日は2月19日。アメリカ合衆国テキサス州在住で年金生活をしながら、YouTubeへ世界のありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる動画投稿を続けている。現在はテキサス親父日本事務局を通してニコニコへ動画を投稿している。厳格なクリスチャンで、保守派。両祖父母がイタリア人だが、トニーの両親が生まれる前に移住してきたため、アメリカ国籍を持つ。両親とは英語とイタリア語の両方で会話していたそうだが、イタリア語はもう忘れてしまっているため現在は英語しか話せないが、時々イタリア語を使うことがある。
>保守派としてよく知られているが、自由を愛する根っからのアメリカ人男性である。扱う題材は主にシー・シェパードだが、日本からの賛同者が増えたため日本の政治問題も扱うようになってきた。またトニーは自由を愛しており、反共産主義・反社会主義の観点から中国や北朝鮮などの批判を行なっている。自由民主主義の観点から中東への批判を、アジアでは日本・韓国・台湾の擁護を行なっている。
引用元:テキサス親父とは (テキサスオヤジとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B5%E3%82%B9%E8%A6%AA%E7%88%B6