「下村博文」しもむらはくぶん 早稲田大学教育学部出身 在学中に学習塾経営 都議から国政へ 安倍内閣で文部科学大臣に

034jSpRGaI
早稲田大学教育学部出身
大学在学中より学習塾を経営
東京都議を経て国政へ転身
第2次安倍内閣で文部科学大臣
岸田文雄 きしだふみお
菅義偉 すがよしひで
小野寺五典 おのでらいつのり
下村博文(答)しもむらはくぶん

下村 博文(しもむら はくぶん、1954年5月23日 – )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(7期)、自民党副幹事長(特命担当)[1]、党総裁特別補佐[2]。
群馬県高崎市(旧倉渕村)出身。文部科学大臣(第18・19代)、内閣官房副長官、文部科学大臣政務官、法務大臣政務官などを歴任。自由民主党では副幹事長、国会対策副委員長、広報局次長、新聞局次長、議院運営委員会理事などを歴任。あしなが育英会の副会長を務める。
>。早稲田大学教育学部に入学後、早稲田大学雄弁会に所属した。4年生の時、友人らと共に小学生対象の学習塾「博文館」を開設[5]。
>1985年東京都議会議員選挙・板橋区に新自由クラブから出馬、落選。4年後の1989年東京都議会議員選挙に民社党・社民連・進歩党推薦の無所属候補として初当選。1993年東京都議会議員選挙に自民党から出馬、再選。
>1996年、第41回衆議院議員総選挙に自民党から出馬し、初当選。以降7期連続当選。
>2009年の第45回衆議院議員選挙に自民党から出馬し、新党日本新人の有田芳生を約3500票差の僅差で破り、5選。2012年、安倍自民党総裁のもと、教育再生実行本部が設立され教育再生実行本部長就任。同年12月発足の第2次安倍内閣に文部科学大臣兼教育再生担当大臣として初入閣。
引用元:下村博文 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E6%9D%91%E5%8D%9A%E6%96%87

岸田 文雄(きしだ ふみお、1957年〈昭和32年〉7月29日 – )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(8期)、外務大臣(第147・148代)、宏池会会長(第8代)。
内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策・規制改革・国民生活・再チャレンジ・科学技術政策)、消費者行政推進担当大臣、宇宙開発担当大臣、自民党国会対策委員長(第52代)などを歴任。
衆議院議員、中小企業庁長官を務めた岸田文武は父[1]。元衆議院議員の岸田正記は祖父。参議院議員の宮澤洋一は従兄弟。
引用元:岸田文雄 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%B8%E7%94%B0%E6%96%87%E9%9B%84

菅 義偉(すが よしひで、1948年12月6日 – )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(7期)、内閣官房長官(第81・82代)。
自民党幹事長代行、総務大臣(第7代)、内閣府特命担当大臣(地方分権改革)、郵政民営化担当大臣、横浜市会議員(2期)等を歴任。
引用元:菅義偉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%85%E7%BE%A9%E5%81%89

小野寺 五典(おのでら いつのり、1960年(昭和35年)5月5日 – )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(6期)、自由民主党政務調査会長代理。旧姓は熊谷[2]。
防衛大臣(第12代)、外務大臣政務官(第3次小泉内閣)、外務副大臣(第1次安倍改造内閣・福田康夫内閣)、衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長、自由民主党宮城県連会長等を歴任した。
気仙沼市長を務めた小野寺信雄は義父。
引用元:小野寺五典 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E9%87%8E%E5%AF%BA%E4%BA%94%E5%85%B8