「ノーメンクラツーラ」旧ソ連の特権階級・人事制度「イズベスチヤ」ロシア語で報道・新聞社 アイスホッケーの国際大会を主催 「アネクドート」政治風刺の小咄 「イスクラ」レーニンら創刊の機関紙 ロシア語「火花」

287krihtvn
ロシア語で「名簿」
旧ソ連の組織の人事権を掌握
別名「ダーチャ族」
旧ソ連における特権階級
ノーメンクラツーラ(答)
サミズダート「地下出版物」
アネクドート「政治風刺小咄」
グラスノスチ「情報公開」
47%

088fNLMCnu
アイスホッケーの国際大会
2005年にガスプロムが買収
ロシアの新聞
ロシア語で「報道」
サミズダート「地下出版物」
グラスノスチ「情報公開」
イズベスチヤ(答)Известия「報道」
イスクラ「火花」


ギリシャ語で「未公刊」
旧ソ連、共産圏のものが有名
ジョーク・小話の一種
政治的なものがテーマ
メトニミー 「換喩」
アネクドート(答)анекдо́т「政治風刺の小咄」
アナロジー 「類推」
アレゴリー 「比喩」「寓意」

CIMG1804lHtMPwueGIxH
ロシア語で「火花」という意味の
レーニンらが創刊した
ロシア社会民主労働党の
機関紙は?
スラクプベ
ダチナイウ
イスクラ(答)


ロシア語で「真理」を意味する現在もロシアで発行されている日刊新聞といえば何?
プラウダ(答)

0102GdVzyVRyiv
「金バッジ」で国会議員を
表すように、ある物の名前に
よって、それと関連の深い物を
表現することを何という?
ニメミトー
メトニミー(答)
metonymy「換喩」
引用元:「メトニミー」換喩 関連が深い物の名前でそれ自身を表す修辞技法 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/15486/

ノーメンクラトゥーラ(ロシア語: номенклату́ра モスクワ方言: ナメンクラトゥーラ)とは、ソビエト連邦における指導者選出のための人事制度を指す言葉[1]。また転じて社会主義国におけるエリート層・支配的階級や、それを構成する人々を指す言葉としても用いられた。後者の場合は「赤い貴族」、「ダーチャ族」[2]とも呼ばれる。

>この言葉は本来、ラテン語の「nomenclatura」(名簿)から来ている。これは各級党機関が役職につける人物の承認や罷免のために用いた一覧表を指す言葉であったが、やがてその一覧表を用いた制度や、承認された人物やその縁者を指す言葉として用いられるようになった。
引用元:ノーメンクラトゥーラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%A9

イズベスチア(ロシア語: Известия、ラテン文字転写の例:Izvestia)とは、ソビエト連邦およびロシア連邦の日刊紙である。
>イズベスチアとはロシア語で「報道」を意味する。中国語では「消息(中国語では報道・ニュースを意味する。)報」という。ソ連共産党の機関紙であるプラウダと対の関係にある。ソ連政府の政府見解が発表される公式紙であった。
>ソ連の崩壊後は、プラウダが軟派な路線に傾きつつあるのに対して、ウラジーミル・プーチン大統領について批判的な最後の主要な新聞であったが、2005年6月3日に政府によって保有されていた企業、ガスプロムによって買収された。2005年の時点で、イズベスチアの発行部数は24万967部であった。
引用元:イズベスチヤ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A4

イズベスチヤ杯はアイスホッケーの国際大会。ソビエト連邦後にロシアの新聞、イズベスチヤがスポンサーとなって開催されている。その後何回か名称変更を経て現在はChannel One Cupという名前で開催されている。
1967年に十月革命50周年を記念して第1回大会が開催された[1]。1969年からイズベスチヤ杯(Izvestija Trophy)という大会名称になったが財政難から命名権をスポンサーに与えるようになり、1997年にBaltica Brewery Cupに生まれ変わりユーロホッケーツアーの1大会という位置づけになった[2]。2003年はモスクワ・インターナショナル・トーナメント、アルコール広告が禁止された後の2004年、2005年はRosno Cup 、2006年以降はChannel One Cup という名称で開催されている。
ソ連崩壊があった1991年以外は1967年から毎年12月に開催されている。
引用元:イズベスチヤ杯 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A4%E6%9D%AF

サミズダート(ロシア語: самиздат; [səmɨˈzdat])は、発禁となった書物を手製で複製し、読者から読者へと流通させるという、東側諸国の各地で行われたソ連の反体制派(英語版)活動の主要な方式であった。地下出版とも訳される。1980年代の抵抗運動の成功の基礎を築いた。発禁物を所持もしくは複製し逮捕された者には過酷な処罰が与えられたので、公式に課せられた検閲を逃れるこの草の根運動の実践は危険に満ちていた。ウラジミール・ブコフスキー(英語版、ロシア語版)はサミズダートをこう定義した――「私が自分自身でそれを創作し、編集し、検閲し、出版し、配布し、そしてそれのために投獄された。」[1]
引用元:サミズダート – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%88

サミズダート【samizdat】

検閲を経ないソ連邦時代の地下出版物のこと。ロシア語のサム(自身)とイズダート(出版所の略)を組み合わせた新造語で,1960年代後半から用いられるようになった。帝政時代に革命的な詩などが手書きでひろまったのと同様,小部数のタイプ刷り文書が回覧され,共鳴者によって再タイプされる形態をとる。1956年のスターリン批判,ハンガリー事件のころから活発化し,56‐60年のギンズブルグ編《シンタクシス》,61年のガランスコフ,ブコフスキー編《フェニックス61》などの詩文集が先駆けとなった。
引用元:サミズダート(サミズダート)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B5%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%88-511973

換喩(かんゆ)は、修辞学の修辞技法の一つで、概念の隣接性あるいは近接性に基づいて、語句の意味を拡張して用いる、比喩の一種である。また、そうして用いられる語句そのものをもいう。メトニミー(英: metonymy)とも呼ばれる。文字通りの意味の語句で言い換える換称とは異なる。上位概念を下位概念で(またはその逆に)言い換える技法を提喩(シネクドキ)といい、これを換喩に含めることもある。
引用元:換喩 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8F%9B%E5%96%A9