「常陸太田」市 茨城県北東部の市 県内最大

021YQOZQvq
茨城県の北部に位置する市で
2004年の合併によって県内で
最も広い市町村になったのは
◯◯◯◯市?
中常総陸子
宮大田前太
常陸太田(答)
「常陸太田市」

茨城県の北東部にあって県都水戸市から20キロメートル,東京から120キロメートル圏に位置しています。昭和29年7月に1町6ヶ村が合併し常陸太田市が誕生し,翌年,世矢村と河内村を,さらに平成16年12月に金砂郷町,水府村,里美村を編入して現在に至っています。
ceMOTOE
引用元:プロフィール | 常陸太田市公式ホームページ http://www.city.hitachiota.ibaraki.jp/page/page000026.html

常陸太田市(ひたちおおたし)は、関東地方北部、茨城県東北部にある市。
>南北に長い市域を持ち、面積は茨城県の自治体で最大。西から順に浅川、山田川、里川が並行して南へ流れ、それぞれの川に沿った谷に旧金砂郷町、水府村、里美村の集落と耕地が広がる。里川に沿って国道349号が貫通するが、途中の東河内(ひがしごうど)地区は日立市域であり、旧里美村と旧常陸太田市とは直接隣接してはいなかった。旧里美村地区は、東河内地区と本山トンネルを介して日立市街とも交流を持つ。
引用元:常陸太田市 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B8%E9%99%B8%E5%A4%AA%E7%94%B0%E5%B8%82