かんなべ「神鍋高原」 兵庫県豊岡市日高町にある高原 スキー場が有名

009kgpcWfZ
古くからスキー場で有名な
兵庫県の高原は◯◯高原?
神鍋
かんなべ(答)
「神鍋高原」

神鍋高原(かんなべこうげん)は、兵庫県豊岡市日高町にある高原。山陰海岸ジオパークおよび氷ノ山後山那岐山国定公園の区域に指定されている。
約2万年前の火山活動でできたスコリア丘である神鍋山(標高469m)玄武岩質の溶岩流からなる。神鍋山山頂にある噴火口には周囲約750m、深さ約40mの噴火口跡が残っており、また周辺には火山活動により生成された風穴が多数ある。北西隣の大机山、南東の太田山、ブリ山、清滝山といった単成火山とともに神鍋単成火山群を構成する。
>神鍋高原スキー場の歴史は古く、大正時代に開かれた。2011年現在、アップかんなべスキー場、奥神鍋スキー場、万場スキー場の3つのスキー場がある。関西きっての名門スキー場であり、1957年(昭和32年)、1965年(昭和40年)に冬季国体のスキー競技会場となった。
引用元:神鍋高原 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E9%8D%8B%E9%AB%98%E5%8E%9F