「天王山」1582山崎の合戦 京都府乙訓群 「天下分け目」

056ngtVAav
1582年の「山崎の合戦」の舞台
京都府乙訓群にある山
名神高速道路のトンネルがある
「天下分け目の戦い」を指す言葉
倶利伽羅峠
関ヶ原
洞ヶ峠
天王山(答)

020Nebfeus
1180年の戦い
源頼朝が大敗
大庭景親が勝利
現在の神奈川県小田原市で発生
富士川の戦い
壇ノ浦の戦い
倶利伽羅峠の戦い
石橋山の戦い(答)
XMlGtzi
引用元:源平の戦い 1180「石橋山の戦い」大庭景親の勝利 相模・神奈川県小田原市 「富士川の戦い」駿河 「倶利伽羅峠の戦い」越中 一ノ谷の戦い「摂津」 屋島の戦い「讃岐」 壇ノ浦の戦い「長門」 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/182/

天王山(てんのうざん)は、京都府乙訓郡大山崎町の山。 西側の山腹を、摂津国(現在の大阪府)と山城国(現在の京都府)の国境がよぎる。
山名は、中腹に牛頭天王を祀る山崎天王社(現 自玉手祭来酒解神社)があることに由来する。
>上記のような地峡を扼する地であることから、南北朝や応仁の戦乱でも戦略上の要地として争奪の舞台となり山城も築かれた。なかでも、天正10年(1582年)6月に織田信長を討った明智光秀とその仇討ちを果たそうとする羽柴秀吉が戦った山崎の戦いでは、この山を制した方が天下を取ることになるとして「天下分け目の天王山」という言葉で表現され、現在でもスポーツや政治などの重大な試合や局面の比喩にその名を残す。なお、この戦いを制した秀吉は、同年末に当地に山崎城(宝積寺城、宝寺城とも)を改修して、翌年に大坂城に移るまで本拠とした。
引用元:天王山 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%8E%8B%E5%B1%B1

山崎の戦い(やまざきのたたかい)は、天正10年(1582年)6月2日の本能寺の変を受け、備中高松城の攻城戦から引き返してきた羽柴秀吉軍が、6月13日(西暦7月2日)に摂津国と山城国の境に位置する山崎(大阪府三島郡島本町山崎、京都府乙訓郡大山崎町)において、織田信長を討った明智光秀の軍勢と激突した戦い。
古来天王山の戦いと呼ばれてきた合戦の現代的表現で、山崎合戦とも呼ばれる。
引用元:山崎の戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%B4%8E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

乙訓郡(おとくにぐん、おとくにのこおり)は、京都府・山城国の郡である。
人口15,068人、面積5.97km²、人口密度2,520人/km²。(2015年5月1日、推計人口)
現在は以下の1町のみで構成されている。
大山崎町(おおやまざきちょう)
引用元:乙訓郡 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%99%E8%A8%93%E9%83%A1

倶利伽羅峠(くりからとうげ)は、富山県と石川県の境にある砺波山の峠である。倶梨伽羅峠と表記することもある。
引用元:倶利伽羅峠 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%B6%E5%88%A9%E4%BC%BD%E7%BE%85%E5%B3%A0

関ケ原町(せきがはらちょう)は、古代日本の壬申の乱や近世の関ヶ原の戦いの古戦場として有名な岐阜県不破郡の町。自治体名称の正式表記には小書きの「関ヶ原」ではなく「関ケ原」を採用している。
引用元:関ケ原町 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E3%82%B1%E5%8E%9F%E7%94%BA

洞ヶ峠(ほらがとうげ)は、京都府八幡市八幡南山 と 大阪府枚方市高野道・長尾峠町の境にある峠。かつては東高野街道の中継地であり、現在はその少し東を国道1号(枚方バイパス、京阪国道)が通っており、峠のすぐ北に八幡洞ヶ峠交差点(山手幹線の交点)がある。峠ではあるが、曲がりくねった坂道はなく、線形の良い緩やかな勾配の4車線道路である。
引用元:洞ヶ峠 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%9E%E3%83%B6%E5%B3%A0