「アルベール」2世 ベルギー史上自ら退位した国王

052xoRtkfn
2013年7月、ベルギーで史上
初めて自らの意志で退位した
国王は◯◯◯◯◯2世?
レィリワン
フルドップ
アオベルド
アルベール(答)
「アルベール2世」

アルベール2世(フランス語: Albert II、1934年6月6日 – )は、第6代ベルギー国王(在位:1993年8月9日 – 2013年7月21日)。
実名はアルベール・フェリックス・アンベール・テオドール・クリスチャン・ウジェーヌ・マリー・ド・ベルジック(フランス語: Albert Félix Humbert Théodore Christian Eugène Marie de Belgique、オランダ語: Albert Felix Humbert Theodoor Christiaan Eugène Marie van België、ドイツ語: Albert Felix Humbert Theodor Christian Eugen Maria von Belgien)。
>譲位[編集]
2013年7月3日、国民向けのテレビ演説において、高齢や健康状態を理由に退位する意向を表明[1]、建国記念日である同月21日に、長男のブラバント公フィリップに譲位した[2]。退位後も「ベルギー国王アルベール2世陛下」の称号と尊称は維持される。
生前に退位を行ったベルギー王は、1951年に退位したレオポルド3世に次いで2人目である[3]。
引用元:アルベール2世 (ベルギー王) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%AB2%E4%B8%96_(%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E7%8E%8B)

ベルギー国王のアルベール2世(King Albert II、79)は3日、国民に向けたテレビ演説で、高齢と健康状態を理由に退位する意向を表明した。

 約20年間在位したアルベール2世は今月21日の建国記念日に退位し、フィリップ皇太子(Prince Philippe、53)が次の国王に即位する。国王がフィリップ皇太子への譲位の準備を進めているとかねて報じられていた。

 レオポルド3世(King Leopold III、1901~1983)とアストリッド・ド・スエード(Astrid of Sweden)妃(1905~1935)の次男として生まれたアルベール2世は、元々国王に即位する予定はなかったが、世継ぎがいなかった兄のボードワン前国王(King Baudouin)が1993年に死去したことを受けて即位した。

 国王が自らの意志で退位を表明するのはベルギー史上初めて。同国は1831年にオランダから独立した。
引用元:ベルギー国王が退位を表明、21日に皇太子に譲位 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News http://www.afpbb.com/articles/-/2954177?pid=11002270