ゲレロネグロ メキシコにある世界最大の塩田

041sTQxfaNpkVV
メキシコにある世界最大の塩田
ゲレロネグロ
Guerrero Negro

ゲレロネグロ(Guerrero Negro)は、メキシコのバハ・カリフォルニア・スル州の町。カリフォルニア半島の中央、西側の海沿いに位置する。
>メキシコの砂漠地帯にある町で、年間降水量が100mm以下しかない。このため天日による塩作りが盛んで、世界最大の塩田がある。
引用元: ゲレロネグロ – Wikipedia

メキシコ・バハカリフォルニア半島の真ん中あたりに、ゲレロネグロという小さな町がある。ここの天日塩田は、Exportadora de Sal, S.A.(ESSA)が保有しており、面積が東京23区と同じくらいで世界最大だ。また、ここの塩の生産能力は年間800万トン以上で、日本の年間塩輸入量とほぼ同じにもあたる膨大な数量である。
 ここゲレロネグロに世界最大の塩田が存在する理由は、
・年間降水量は約30mmで、ほとんど雨が降らない
・風が強い
・地面が粘土質のため、海水を溜めやすい
・沿岸の海水の塩濃度が3.5%~4.0%と、比較的高い
など、塩田に適した条件が整っているからだ。
引用元: 第3回 世界最大の天日塩田~メキシコ・ゲレロネグロ~
http://travel.nagaishiweb.com/koujou/koujou-enden.html

濃縮した海水を煮つめて
塩を作る方法のこと
煎熬
せんごう
引用元: 「煎熬」せんごう 鹹水を煮詰めて製塩すること 「熬」ゴウ いる | 分かればいいんだけど