「カイツブリ」琵琶湖古名「鳰の湖」の「鳰(にお)」 滋賀県の県鳥 「水を掻いて潜る」説

233mNABorH
琵琶湖の古い呼び名
「鳰(にお)の湖」の「鳰」が
示している鳥といえば?
カイリドラ
コツツブモ
マウノトリ
カイツブリ(答)

「鳰」は国字のようです。

182yCGJGQa
飛べない鳥
英語では「goose」
『ニルスのふしぎな旅』
フォアグラ
(画像選択肢)
Aガチョウ(答)
Bアヒル
Cダチョウ
D不明

カイツブリ(鳰、鸊鷉〈へきてい〉、Tachybaptus ruficollis)は、カイツブリ目カイツブリ科カイツブリ属に分類される鳥類。全長約26cmと、日本のカイツブリ科のなかではいちばん小さい。
>アフリカ大陸、ユーラシア大陸の中緯度以南、イギリス、インドネシア、ソロモン諸島、日本、パプアニューギニア、フィリピン、マダガスカルに生息。多くは留鳥であるが、北のものは生息場所の凍結を避け、南に移動する。
>標準和名「カイツブリ」は、水を「掻いて潜る(掻きつ潜りつ)」が転じたか、「カイ」は、たちまちの意で[3]、潜る時の水音が「ツブリ」に転じたとする説が有力。さらに瓢箪のような体の形などから「櫂(かひ)と瓢(つぶる)」との説や、繰り返し頭から潜る「掻き頭潜(つぶ)り」などの説もある[3]。この「かいつぶり」の和名は室町時代以降みられるになった[3]。古名の「ニオ(にほ)」は水に入る鳥が転じたのが由来。奈良時代には「にほどり」「みほとり」と称されていた[3]。漢字「鳰」も「水に入る鳥」を意味する会意字。和製漢字である。
カイツブリの足は、まるで櫂のように見え、櫂のように使い潜り泳ぐ。 カイツブリの「カイ」は、櫂または搔いて潜るのカイであろうと考えられる。 「ツブリ」とは、丸く楕円形の小さな物を表すツブリから来ているものと考えられる。
>琵琶湖は古くから本種及びカイツブリ目の構成種が多かったことから、「鳰海(にほのうみ)」の別名がある。これは水鳥が集まる湖の意味で、その由縁から、カイツブリは滋賀県の県鳥に制定されている[5]。また、埼玉県三郷市の鳥になっており、市のマスコットキャラクターの「かいちゃん」と「つぶちゃん」はカイツブリをモチーフとしている[6]。
引用元:カイツブリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%84%E3%83%96%E3%83%AA

2002年3月場所に初土俵を踏む。新弟子時代は身長171cm・体重109kgで、第二新弟子検査を受けての入門であった[4]。同期には稀勢の里や同部屋の北磻磨らがいる。「鳰の湖」という四股名は琵琶湖の古称に由来して付けられたもので、「鳰の湖」とは「水鳥が集まる湖」という意味を持つ。「鳰」は、故郷・滋賀の県鳥カイツブリのことである。「にほの海やかすみて暮るる春の日にわたるも遠し瀬田の長橋」という、新古今和歌集に収められた藤原為家の和歌にも登場する由緒ある言葉でもあるが、入門当初は字が似ている「鳩」と間違えられて「はとのうみ」と読まれることもあったという。母は鳰の湖の精進を支えるために研究やトレーニング指導も買って出て、関取昇進をアシストしていた。[1]
引用元:鳰の湖真二 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%B0%E3%81%AE%E6%B9%96%E7%9C%9F%E4%BA%8C

ガチョウ(鵞鳥、鵝鳥、英: goose)は、カモ目カモ科ガン亜科の鳥。雁の仲間。家禽。仏名はワ(oie)。白い姿はアヒルに似ているが互いに別の種。
引用元:ガチョウ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6