「海芝浦駅」背後に海が広がる一般人は下車不可の駅 東芝工場の通勤専用駅 海の芝浦製作所から

248VIATjTC
駅の出口が東芝の工場の門と
なっているため工場関係者しか
出られない、JR東日本鶴見線
にある駅は「◯◯◯駅」?
新川浦
浜芝崎
弁天橋
海芝浦(答)

降りられない駅があるのですね。

海芝浦駅(うみしばうらえき)は、神奈川県横浜市鶴見区末広町二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)鶴見線(海芝浦支線)の駅。海芝浦支線の終着駅である。JRの特定都区市内制度における「横浜市内」の駅として扱われている。東芝の社員または関係者でないと改札より東芝の構内に入れないが(後述)、海に面しているという特徴から一般客にも人気がある。
>駅名の由来[編集]
東芝の前身の「芝浦製作所」と、この駅が海に接していることから名づけられた。
引用元:海芝浦駅 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E8%8A%9D%E6%B5%A6%E9%A7%85

外に…出られない…不思議空間「海芝浦駅」
目の前に広がる海、沈む夕日と気持ちのよい海風…でも降りられません
引用元:外に…出られない…不思議空間「海芝浦駅」 – NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2141834539858074801

秘境駅の定義は様々あるが、この駅は”一般人”は鉄道でないと到達できない。車があろうと自転車があろうと徒歩でも駄目だ。ホームの後ろはすぐ海なので断崖絶壁とまではいわないが、それなりに秘境度はある。極めつけは、鉄道に乗って駅には到達できるが、”一般人”はきっぷを持っていても改札の外に出られないのだ。無人駅なのにである。

件の駅の所在地は神奈川県横浜市鶴見区。JR鶴見線海芝浦支線の終着”海芝浦駅”である。では早速、JR鶴見駅から出発しよう。
引用元:大都会の秘境駅『海芝浦』に行ってきた | ガジェット通信 http://getnews.jp/archives/840329