「アムボレラトリコポダ」ニューギニア島の最も原始的な物「ツギオミカド」ヤモリ(継尾帝守宮)別名「ニューカレドニアジャイアントゲッコー」 ニューギニア島の最高峰「プンチャック」・ジャヤ

101lOXMXne
次の文字列を順に選んで
最も原始的な被子植物といわれる
ニューカレドニア島に生育する
植物の名前にしなさい
アムボ
レラ
トリ
コポダ
「アムボレラトリコポダ」
Amborella trichopoda

CIMG8389DByg8gzLqtIr
別名を「ニューカレドニア
ジャイアントゲッコー」という
世界最大のヤモリは
◯◯◯◯◯◯ヤモリ?
オツカミギド
ツギオミカド(答)
「継尾帝守宮」

CIMG0479rYdLaREkHNFk
「カルステンツ・ピラミッド」と
も呼ばれる、ニューギニア島の
最高峰は◯◯◯◯◯◯・ジャヤ?
◯を答えなさい
プンチャック(答)
「プンチャック・ジャヤ」

「原始的な被子植物といわれる アムボレラ・トリコポダ」

アムボレラ・トリコポダはアムボレラ科に属し、1科 1属 1種の植物です。高さ 2~6m になる比較的低木の常緑植物で、南太平洋にあるニューカレドニア島の多雨林のみに分布します。雌雄異株で、写真の花は雄花です。
>この植物は被子植物の中でも少し特殊な構造を持っています。茎の中には進化した被子植物が持っている道管がなく、長い仮道管を持っています。仮道管は多くのシダ植物や裸子植物が持っている構造です。螺旋状に配列する花被片や、多数のおしべを持つ点も、被子植物としては原始的な構造といわれています。また、遺伝的な解析からも、進化の過程で、被子植物群の中では比較的早くに分枝したことがわかっています。このことから、アムボレラ・トリコポダは、太古の遺存的な植物であるといわれています。
引用元:アムボレラ・トリコポダ | 051~060 | 植物こぼれ話 | 植物図鑑DB | ハーブの館|日本新薬株式会社 http://www.nippon-shinyaku.co.jp/herb/db/plant/51_60/amborella_trichopoda.html

アムボレラ科 (Amborellaceae) は双子葉植物の科で、ニューカレドニアの山地に生育する常緑低木 Amborella trichopoda 1種のみからなる。
クロンキスト体系ではクスノキ目に入れている。しかし分子系統学的にはすべての被子植物(単子葉植物も含む)からおそらく最も早い時期に分化した、すなわち現生の被子植物で最も原始的な植物と考えられ、植物学的に注目される。APG植物分類体系では1種のみで独立の目アムボレラ目としている。
引用元:アムボレラ科 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%83%A9%E7%A7%91

Amborella is a monotypic genus of rare understory shrubs or small trees endemic to the main island, Grande Terre, of New Caledonia.[4] The genus is the only member of the family Amborellaceae and contains a single species, Amborella trichopoda.[4] Amborella is of great interest to plant systematists because molecular phylogenetic analyses consistently place it at or near the base of the flowering plant lineage.[5][6]
引用元:Amborella – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/Amborella

ツギオミカドヤモリ(継尾帝守宮、Rhacodactylus leachianus)はミカドヤモリ属に分類されるトカゲ。別名ニューカレドニアジャイアントゲッコー。
>最大全長42cmで、ミカドヤモリ属だけではなくイシヤモリ科最大・最重量種。色彩は樹皮に似ていて環境によりある程度変色させることができる。また苔のような斑紋が入る事もある。尾は小型で細く、再生尾(継いだ尾)のように見えることが和名の由来。
卵は長径3.5-4cm、短径2-3cm。孵化直後の幼体は全長8-11cm。
引用元:ツギオミカドヤモリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%82%AE%E3%82%AA%E3%83%9F%E3%82%AB%E3%83%89%E3%83%A4%E3%83%A2%E3%83%AA

プンチャック・ジャヤ(インドネシア語: Puncak Jaya)はニューギニア島の最高峰であり、オーストラリア・ニューギニア大陸およびオセアニアの最高峰でもある。ジャヤ峰、カルステンツ山 (Mount Carstensz)、カルステンツ・ピラミッド (Carstensz Pyramid)と呼ばれることもある。ヒマラヤとアンデスの間にある最高地点であり、島における世界最高峰である。ニューギニア島の西半分を占めるインドネシアのパプア州、スディルマン山脈に位置し、同国の最高峰である。
引用元:プンチャック・ジャヤ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%A4