1964東京五輪記念硬貨「100円」一人一枚「1000円」一家に一枚を目安

071dxIwEkB
次のうち、1964年に
東京五輪の記念硬貨として
発行された銀貨の額面を
全て選びなさい
100円(答)
100000円
1000円(答)
10000円

東京オリンピック記念貨幣 (とうきょうオリンピックきねんかへい)とは、1964年(昭和39年)10月10日より開催された、第18回夏季オリンピックである東京オリンピック大会を記念して、発行された銀貨であり、記念貨幣としては日本初のものである。1000円銀貨および100円銀貨の2種類が発行された。
>日本で初の開催となった第18回夏季オリンピック東京大会の記念貨幣の発行が、1964年2月14日、池田首相の決断により閣議決定された。
>発行枚数は、1000円銀貨は各世帯に1枚、100円銀貨については国民一人当たり1枚を目安として決められたものであった。100円銀貨の図案は公募によるもので2月21日に新聞、テレビ、ラジオ、官報などで広報され、4月6日に応募作品3万0512点の中から聖火および五輪をデザインに取り入れた前島昌子の作品が1席に入選となり採用された[2]。1000円銀貨の図案は造幣局内で作成され、日本を象徴する富士と桜をデザインしたものである[3]。
引用元:東京オリンピック記念貨幣 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E8%A8%98%E5%BF%B5%E8%B2%A8%E5%B9%A3

日本の記念硬貨は約半世紀前の昭和39年、東京五輪の開催を記念した百円と千円の銀貨の発行が初めてだった。以来、平成26年末までに33行事、計132種類が発行されてきた。

 記念硬貨発行の基準は、皇室のご慶事▽沖縄復帰20周年といった国家の構造、主権に関する出来事▽新幹線開業などの国家的プロジェクト▽東京五輪や万博など国際的行事-に関する場合に協議される。
>「硬貨を求める人たちで銀行に行列ができていましたよ」。東京五輪記念銀貨が発行された昭和39年、まだ6歳だった造幣局理事、百嶋計さん(56)は、今でも当時の様子が印象に残っている。
>明治4年に創業した造幣局は、いまや海外の記念硬貨や一般硬貨の製造にも取り組む。
 平成19年、ニュージーランドの記念銀貨を手始めに、スリランカやバングラデシュ、カンボジアの記念硬貨を製造。26年にもブルネイやミャンマー、オマーンの記念硬貨も受注した。佐久間さんは「日本の技術が認められている証拠」と胸を張る。
 さらに24年には、バングラデシュの一般硬貨「2タカ」貨幣5億枚の製造も受注した。海外で一般に流通する貨幣の製造を日本が受注する戦後初のケースとなった。
引用元:【関西の議論】〝グローバル企業〟造幣局 新幹線50年記念硬貨に見る「世界トップ水準」…秘めたる技術とは(4/5ページ) – 産経WEST http://www.sankei.com/west/news/150126/wst1501260003-n4.html