EU未加盟国 「ノルウェー」産油国水産資源豊富で加入メリットがない 「スイス」永世中立国・金融大国で加入により情報開示を求められる 

198WljmgJR
次の北欧の国のうち
EUに加盟しているものを
全て選びなさい
ノルウェー
フィンランド(答)
デンマーク(答)
スウェーデン

OmQrKjt

なぜスイス、ノルウェーは、EU加盟しないか?
ノルウェーの経済は、欧州諸国と比べて劣位にある農業の一方、豊富な水産資源を持つ漁業があることから、ECないしEUに加盟することで、前者は競争にさらされ農業は打撃を受け、後者は水産資源を他国に利用されることからの不安から1972年の欧州共同体加盟への国民投票、1994年の欧州連合加盟への国民投票でともに否決される
出典
ノルウェーの経済 – Wikipedia
>原油輸出で、資金豊富で、EU加盟するメリットはない。

加盟することによって経済や政治の面で国内のシステムをEU基準に合わせないといけない。すると、長年スイスが築いてきた独自の伝統的制度、政策を失うことになる。
出典
http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~konokatu/doi%2808-7-30%29
■スイス銀行が、EUから、情報開示を求められる。
■スイスGDP(2010年)は、日本の約1.7倍で、すでに豊か。
■ドイツ、フランスなど、大国意見に引き回される。
■EU労働自由化で、外国労働者がスイスやってくる。
(貧しい国から、豊かな国へ、労働者が移動する。)
>■フランス、ドイツなど、大国に囲まれるが、スイスは永世中立国である。
■スイスは、26州に分かれた連邦国家で、それぞれ州で、独自憲法、議会、政府、裁判所がある。重要なことを、国民投票で決定することもあるスイスだが、もしEU加盟すると、スイス独自性やメリットを失う。
■既に経済が豊かで加盟するメリットも少ない。
引用元:なぜスイス、ノルウェーは、EU加盟しないか? – NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2134450388272493101

欧州連合(おうしゅうれんごう、英: European Union、略称:EU)は、欧州連合条約により設立されたヨーロッパの地域統合体。
>加盟国数も欧州経済共同体設立を定めた欧州経済共同体設立発効時の6か国から、2013年7月のクロアチア加盟により28か国にまで増えている。
引用元:欧州連合 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E9%80%A3%E5%90%88