「ゴビ砂漠」モンゴルと中国間の砂漠「水がない土地」 「ヤルダン」風食で奇岩が生じる地形「風で出来た凸凹」 アメリカの砂漠「ペインテッド砂漠」「ブラックロック砂漠」「モハーベ砂漠」

045DDDbDQt
「水のない土地」という意味
羊や馬の遊牧
恐竜の化石が豊富
モンゴル南部から中国北部
タクラマカン砂漠
モハーベ砂漠
カラハリ砂漠
ゴビ砂漠(答)

CIMG8601lkPdpPgaRNuI
次のうち、アメリカにある
砂漠を全て選びなさい
レギスタン砂漠 アフガニスタン
シンプソン砂漠 オーストラリア
ペインテッド砂漠(答)アメリカ
ブラックロック砂漠(答)アメリカ

協力多答
次のうち南北アメリカ大陸にある砂漠を1人1つ選びなさい
コロラド砂漠(答)─アメリカ合衆国
モハーヴェ砂漠(答)アメリカ合衆国
グレートソルトレイク砂漠(答)アメリカ合衆国
アタカマ砂漠 チリ
サハラ砂漠 エジプト、リビア、チュニジア、アルジェリア他
カラハリ砂漠 ボツワナ、ナミビア、南アフリカ共和国
タクラマカン砂漠 中国の新疆ウイグル自治区
ゴビ砂漠 モンゴル

◯×
地球上の砂漠の約9割を占めるのは砂砂漠である
×(答)
◯岩石砂漠

◯×
北極圏にも砂漠がある
◯(答)

CIMG1424ZCuJQnLnVidO

ウイグル語で「風で出来た凸凹」
という意味の、風の浸食で生じた
様々な形の土塊が連なる、タリム
盆地に見られる地形の名前は?
トダンチス
ルキプヤハ
ヤルダン(答)
Yardang
oLOcRYS
引用元:File:Yardang Lea-Yoakum Dunes.jpg – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/File:Yardang_Lea-Yoakum_Dunes.jpg

CIMG5014qFTeYgvRbzKF
次のアフリカの国を
地域・人種による分類ごとに
グループ分けしなさい

ホワイトアフリカサブサハラアフリカ
エジプト
南アフリカ共和国
モロッコ
チュニジア
カメルーン
アルジェリア

ゴビ砂漠
ごびさばく
Gobi

中国とモンゴルにまたがり、モンゴル高原の中央部以西に広がる砂漠性ステップ(短草草原)と砂漠。ゴビとは、モンゴル語で、本来、森林・流水が乏しく、草が短くまばらであり、砂と小石が多い土壌をもち、タルバガン(リス科の哺乳(ほにゅう)類)の生息していない所を意味する普通名詞である。現在、中央アジア中部以東のこのような所は、ゴビ砂漠でない場所でもゴビと称している。中国では戈壁(ゴビ)と表記する。固有名詞としてのゴビ砂漠は、東はモンゴル東部の東部大平原の純ステップ地帯に接し、北はハンガイ、ヘンテイ両山脈の南方を東西に延びる純ステップ地帯に接し、西はタクリマカン砂漠に接し、南は陰山(いんざん/インシャン)、祁連(きれん/チーリエン)両山脈の山岳森林ステップに接する。そしてその内部が固有の名称をもつ多くのゴビに細分される。[吉田順一]
引用元:ゴビ砂漠(ゴビサバク)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B4%E3%83%93%E7%A0%82%E6%BC%A0-503892

タクラマカン砂漠(英語:Taklamakan Desert,ウイグル語:تەكلىماكان قۇملۇقى,中国語:塔克拉瑪干沙漠)は、中央アジアのタリム盆地の大部分を占める砂漠である。一帯は現在中国の新疆ウイグル自治区に属している。
>名称の語源は、ウイグル語の「タッキリ(死)」「マカン(無限)」の合成語と言われ、「死の世界」「永遠に生命が存在し得ない場所」といったニュアンスとされる。
引用元:タクラマカン砂漠 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%82%AB%E3%83%B3%E7%A0%82%E6%BC%A0

モハーヴェ砂漠(Mojave Desert)は、アメリカ南西部のカリフォルニア州、ユタ州、ネバダ州、アリゾナ州にまたがる砂漠。 面積は35,000 km² 以上。 テハチャピ山脈、サンガブリエル山脈(英語版)、サンバーナディーノ山脈が西と南の境界になっている。 標高は1,000から2,000 m程度で年間降水量は150 mm以下である。
モハーヴェ砂漠は「モハーヴェ国立保護区(Mojave National Preserve (en) 」とデスヴァレーを含んでいる。 乾燥した場所にもかかわらず、地下水と「カリフォルニア水道橋(California Aqueduct (en)) による灌漑でアルファルファが栽培されている。 他の砂漠同様夏は暑いが、冬は寒く雪が降る場所もある。
>モハーヴェ砂漠にある都市はヴィクターヴィル、バーストゥ、パームデール、リッジクレスト、ニードルズ、ラスベガスなど。
引用元:モハーヴェ砂漠 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E7%A0%82%E6%BC%A0

カラハリ砂漠(カラハリさばく)は、南部アフリカにおいて50万km²に渡って広がる砂漠。標高850~1000メートルの浅い盆地状の地形である[1]。
>ボツワナの国土の70%を占めるほか、ナミビア、南アフリカ共和国にかかる。ジンバブエの一部はカラハリ砂漠に連なる半乾燥地帯である。ボツワナ北部と南アフリカ共和国北西部を除き、標高は1000メートルを超える。ナミビアの南岸はカラハリ砂漠の一部とも考えられる面積14万km²のナミブ砂漠に覆われている。
引用元:カラハリ砂漠 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%8F%E3%83%AA%E7%A0%82%E6%BC%A0

ヤルダン(もともとはチュルク系の言葉で、英語: Yardang、中国語: 雅丹地貌)またはヤルダン地形とは風、雨などによって地面の柔らかい部分が侵食されて、堅い岩部分が小山または堆積物のように数多く残る乾燥帯を指し、中央アジアなどによくみられる地形である。
引用元:ヤルダン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%B3

ヤルダン
yardang

乾燥地域で,傾斜した硬軟互層が風による差別浸食を受けて生じる地形。鶏冠のような奇岩が連なる特異な景観を示す。風食によって軟岩層が速く取去られ,硬岩層が突起として残ったもの。中央アジア,アフリカなどの砂漠にみられ,中央アジアではヤルダン,アフリカではスフィンクス丘陵という。
引用元:ヤルダン(ヤルダン)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%A4%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%B3-144433