「稲村ヶ崎」新田義貞の太刀投げで奇蹟を招来 皇居内に水田がある「生物化学研究所」脇 「楠木正成」皇居外苑に像

092gJWHRpJ
新田義貞が鎌倉幕府を攻めるときに
黄金の太刀を海に投じたのは
どこから?
七里ヶ村江
浜稲ノ崎島
稲村ヶ崎(答)

tBOwIbr
「月百姿」「稲むらか崎の明ほのゝ月」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Yoshitoshi_-_100_Aspects_of_the_Moon_-_39.jpg

詳細 :東京都立図書館デジタルアーカイブ TOKYOアーカイブ

055sqfsARwHkQa
皇居の敷地内には水田がある

093sXSmDFDaGNj
皇居外苑の一角に像が立つ
南北朝時代の武将は?
成茂新貞行
楠義木田正
→楠木正成

稲村ヶ崎(いなむらがさき)は、神奈川県鎌倉市南西部にある岬で、由比ヶ浜と七里ヶ浜の間にあたる。通常、「稲村ヶ崎」の表記は歴史的用法や国の史跡の名称に使用し、地名としては住居表示に伴う町名変更で稲村ガ崎一丁目から稲村ガ崎五丁目となっている[1][2][3]。
>鎌倉時代末期の元弘3年(1333年)5月に上野国(群馬県)新田荘を本拠とする新田義貞が挙兵し、分倍河原の戦いと関戸の戦いで北条氏の軍に勝利して鎌倉にせまった(鎌倉の戦い)。
5月18日、新田軍は極楽寺口より攻撃を加え、21日には義貞みずから稲村ヶ崎の海岸を渡ろうとしたが、当時の波打ち際は切り立った崖となっており、石が高く、道が狭小なため軍勢が稲村ヶ崎を越えられなかった。そこで、義貞が潮が引くのを念じて剣を投じると、その後潮が引いて干潟となったので岬の南から鎌倉に攻め入ったという伝説が『太平記』に記されている。ただし、近年において天文計算により、稲村ヶ崎の潮が引いたのは18日のことであったことが明らかになり、『太平記』の日付には誤りがあると考えられている[4]。
稲村ヶ崎 – Wikipedia

現在、稲村ヶ崎突破については、干潮を利用して進軍したという認識が広く浸透している[58]。『太平記』では、義貞が小金作りの太刀を海に投じた所、龍神が呼応して潮が引く『奇蹟』が起こったという話が挿入されている。『梅松論』も、義貞の太刀投げにこそ言及していないが、同様に『奇蹟』が起こった事を記述している。龍神が潮を引かせた、という話は脚色とみなされているが、義貞の徒渉とそれに付随した伝説には、様々な解釈がある。
新田義貞 – Wikipedia

天皇陛下は23日、皇居内の生物学研究所脇にある水田で恒例の田植えをされた。長靴をはいて水田に入り、もち米のマンゲツモチとうるち米のニホンマサリの苗を手に取って、丁寧に植えていった。
>田植えは農業奨励を目的に昭和天皇が始め、陛下が即位後に引き継いだ行事。陛下は種もみまきや稲刈りも自ら行うようにした。収穫した米は11月の「新嘗祭」など皇室の神事に使われる。
引用元: 天皇陛下が恒例の田植え 皇居内の水田に100株 – 47NEWS(よんななニュース)

楠公と言われた楠木正成(?~1336)は鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての河内の武将で、鎌倉幕府からは(悪党)とよばれていました。
王政復古を目指す後醍醐天皇の鎌倉幕府倒幕計画に皇子挙兵し、鎌倉幕府を滅ぼしました。
この銅像は上野公園の西郷隆盛像、靖国神社の大村益次郎像と並び「東京の三大銅像」と呼ばれています。
楠公の銅像の作者は東京美術学校(現東京芸術大学)教授の高村光雲。高村光雲の息子は詩人の高村光太郎です。馬は、後藤貞行作。上野の西郷像も西郷は高村、犬は後藤の作です。
引用元: 楠木正成像

エフェクト
四條畷の戦いで戦死した
南北朝時代の武将
楠木正行
くすのきまさつら
引用元: 楠木正行 くすのきまさつら 「四條畷(なわて)の戦い」 | 分かればいいんだけど