【テ】・ー・ーー【モ】 ー・・ー・【ヤ】・ーー

次の和文モールス信号を
五十音順に選びなさい
・ー・ーー テ
ー・・ー・ モ
・ーー ヤ
22%


次の和文モールス信号を
五十音順に選びなさい
ー・ー・・   「キ」
・ー・ーー   「テ」
―・・― 「マ」
22%


次の和文モールス信号を
五十音順に選びなさい
・ー・ーー   「テ」
・・ー・・   「ト」
ー・ーー・ 「ル」
22%


次の和文モールス信号を
五十音順に選びなさい
ー・ー・・ 「キ」
ー・・ー・ 「モ」
ーー 「ヨ」

128sRRDbdibsrY
次の和文モールス信号を
五十音順に選びなさい
ー・ー・・   「キ」
・ー・ーー   「テ」
・・ー・・   「ト」
―・・― 「マ」
ー・・ー・   「モ」
・ーー  「ヤ」
ーー 「ヨ」
―・ーー・ 「ル」

TJnjrJV
引用元:Google 日本語入力 – モールスバージョン http://www.google.co.jp/ime/-.-.html#intro

モールス符号(モールスふごう、英語: Morse code)は、電信で用いられている可変長符号化された文字コードである。モールス符号を使った信号はモールス信号と呼ばれる。
>アメリカ合衆国の発明家サミュエル・フィンレイ・ブリース・モールスは、1837年9月4日にニューヨーク大学で現在のものと全く異なった符号で電信実験を行い、ジョセフ・ヘンリー(プリンストン大学教授)の指導とアルフレッド・ヴェイルの協力の下、改良した符号と電信機との特許を1840年6月20日に取得した。さらに改良した符号(アメリカン・モールスと呼ばれ、当時指導を受けた電信手のOBなど極一部に、現在も使う人がいる)により1844年5月24日に実際の送信実験に成功した。この名称は発明者にちなんだものである。
>策定については、標準的な英文におけるアルファベットの出現頻度に応じて符号化されており、よく出現する文字ほど短い符号で表示される。例を挙げると、Eは(・)、Tは(-)とそれぞれ1符号と最短である。逆に使用頻度が少ないと思われるQは(--・-)、Jは(・---)と長い符号が制定されている。
これに対して、和文のモールス符号では出現頻度がまったく考慮されておらず、通信効率に劣ったものとなっている。和文モールス符号で(・)と(-)が意味するのはそれぞれ「ヘ」と「ム」である。これはイロハ順をそのままABCに当て嵌めたためである。
引用元: モールス符号 – Wikipedia

モールス符号で思いどおりの日本語入力
引用元: Google 日本語入力 – モールスバージョン