「UBER」ウーバー 専用アプリでタクシーを呼ぶ配車サービス 

260KzOGGaH
スマートフォンの専用アプリで
タクシーを呼ぶ、日本でも2013年
からサービスが始まったアメリカ
発のタクシー配車サービスは?
EUNAT
WIRBG
UBER(答)
「UBER」ウーバー

uber
【副】
〈俗〉すごく、とても◆【語源】ドイツ語で「上に」の意。◆文例
引用元:uberの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク http://eow.alc.co.jp/search?q=uber

Uber(ウーバー)とは、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイト及び配車アプリである[1][2]。現在は世界58カ国・地域の300都市で展開している[3][4]。
>Uberは2009年3月にトラビス・カラニックとギャレット・キャンプにより設立。2015年半期の売り上げは500億米ドルと推定されている。
>特徴としては、一般的なタクシーの配車に加え、一般人が自分の空き時間と自家用車を使って他人を運ぶ仕組みを構築している点で、顧客が運転手を評価すると同時に、運転手も顧客を評価する「相互評価」を実施している。世界では、タクシーにおいて「領収書を発行しない」「タクシーメーターを倒さず、法外な料金を請求しボッタクる」といった問題が多く起こっていることから、これらの問題を回避し、さらに車両オーナーにとって「簡単な小遣い稼ぎ」ができる点が受けている[5]。
日本では、2013年11月より台数限定でのトライアルサービスを行い、2014年8月より東京都内全域で本格的にタクシーの配車サービスを開始[6]。
引用元:Uber – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Uber

Uberはトラビス・カラニックCEOらが2009年に設立した。スマートフォンの専用アプリを活用し、タクシーを呼ぶという単純なサービスだが、瞬く間に利用者数が拡大。わずか5年で日本など世界53カ国、250都市で展開するまでになった。人気を集める理由は、ITを駆使し、タクシーの使い勝手を圧倒的に向上した点だ。アプリに行き先を入力すれば、運転手の到着時間や料金の目安が示されるほか、支払いも登録済みのクレジットカードで自動決済される。自動車の種類は、格安の「UberX」から高級感漂う「Uber Black」まで選べる。

アプリは世界共通のため、言葉の通じない国でも、タクシー利用にとまどうことがない。「自国の言語で行き先が指定でき、支払いも自動のため、東京に出張に来た外国人が利用するケースも多い」と、Uber日本法人の高橋正巳社長は説明する。利用者が運転手を評価する仕組みを導入、結果をオープンにしているのも特徴だ。シリコンバレー在住のコンサルタント、徳田浩司氏は「運転手側も評価を気にして車をきれいにしたり、顧客に親切にしたりせざるをえない。それがサービス向上につながるのでは」と評する。
引用元:配車サービスUberにタクシー業界が「待った」 | 週刊東洋経済(Tech) | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト http://toyokeizai.net/articles/-/57990

Uber は世界の変化に合わせて進化しています。当社では、アプリを通じてドライバーとお客様を直接結びつけることで、お客様にはより多くの可能性を切り開き、ドライバーにはより多くのビジネスチャンスを開拓することで、より便利な街づくりをめざしています。2009年に創立され、現在では70を越える都市で事業を行っている Uber は、急速に世界中で発展しながら、都市とそこに住む人々の距離を縮めるお手伝いを続けています。
引用元:Uber について https://www.uber.com/ja/about