「ラム・バラン・ヤダフ」ネパールの初代大統領

003QTSSMZC

次の文字列を順に選んで
2008年に就任した
ネパールの初代大統領の
名前にしなさい
ラム
バラン
ヤダフ
37%
「ラム・バラン・ヤダフ」
Ram Baran Yadav

ラムバラン・ヤーダブ(1948年2月4日[1] -、英: Ram Baran Yadav、ネパール語: रामवरण यादव)は、ネパールの政治家、医師。マデシ出身。大統領(初代)、ネパール会議派代表幹事[2]。元制憲議会議員。保健大臣を2期務めている。G.P.コイララの側近[3]。日本では「ラム・バラン・ヤダブ」と表記する場合が多い。
引用元:ラムバラン・ヤーダブ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%96

ラムバラン ヤダブ
Ram Baran Yadav

国籍ネパール
専門政治家;医師
肩書ネパール大統領(初代)
生年月日1948/2/4
出身地ダヌシャ郡
学歴カルカッタ医科大学
経歴インド国境に近い南部ダヌシャ郡の農家に生まれる。インドのカルカッタ医科大学などで学び、苦学の末に医師となる。1960年代から民主化活動にも参加。ギリジャ・プラサド・コイララ(現・首相)の兄ビシュエシュワル・プラサド・コイララ元首相の主治医を経て、1987年ネパール会議派に入党。’91年、’94年国会議員に当選。’91〜94年コイララ内閣で保健相を2度務め、中道のネパール会議派内で地位を築いた。’90年の民主化運動に関与して、3ケ月間収監され、2005年にはギャネンドラ元国王の圧制下、再び6ケ月を獄中で過ごすが、国王失脚後も王政廃止には慎重な態度を示す。2008年7月君主制から共和制に移行したネパールの初代大統領に就任。
引用元:ラム・バラン ヤダブ(ラムバラン ヤダブ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3+%E3%83%A4%E3%83%80%E3%83%96-1687692