【朝早い曙、北斗と参加】

223VFyfMKd

次の日本の寝台特急を
登場したのが早い順に
選びなさい
あさかぜ 1956.11.19
さくら 1959.7.20
はやぶさ 1960.7.20
あけぼの 1970.7.1
北斗星 1988.3.13
トワイライトエクスプレス 1989.7.21
サンライズ出雲 1998.7.10
カシオペア 1999.7.16
28%
朝早い曙、北斗と参加

CIMG4904
次の寝台特急を
廃止されたのが
早い順に選びなさい
いなば 1978.10.02
紀伊 1984.2.1
明星 1990.3.10
出羽 1993.12.1
みずほ 1994.12.3
あさかぜ 2005.3.1

あさかぜは、1956年から2005年まで東京駅 – 下関駅・博多駅間を東海道本線・山陽本線・鹿児島本線経由で運行していた日本国有鉄道(国鉄)・JRの寝台特別急行列車である。また、このページでは、関連した東京と主に山陽地方・福岡県を結んだ急行列車の沿革についても記述する。
>国鉄が1956年に東京駅 – 博多駅間に設定した寝台特急であり、ブルートレインの先駆けとして、また、東海道・山陽本線および九州内の代表格列車の一つとして知られた。
>「あさかぜ」の設定[編集]
1956年(昭和31年)11月19日:このときのダイヤ改正にて、日本における第二次世界大戦後初の夜行特急列車として東京駅 – 博多駅間に「あさかぜ」を運転開始。
引用元:あさかぜ (列車) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%95%E3%81%8B%E3%81%9C_(%E5%88%97%E8%BB%8A)

寝台特急さくら号のデータファイル富士山をバックにさくらはやぶさ

【登場時:1959年7月20日】寝台特急平和号の愛称変更による登場
●運転区間:東京~長崎  運転本数:1往復  使用車両:20系
寝台特急さくら号◆トレインマーク&データ | 愛称別トレインマーク事典

さくら・櫻は、かつての鉄道省、日本国有鉄道(国鉄)およびそれを引き継いだJR各社で運行されていた(運行されている)特別急行列車である。
この列車愛称は歴史上、次の4列車で使用されている。
第二次世界大戦前の1923年から1943年まで、鉄道省が東京駅 – 下関駅間で運行していた第3・第4特別急行「櫻」
1951年より1958年まで、国鉄が東京駅 – 大阪駅間で運行していた臨時・不定期特別急行「さくら」
1959年から2005年まで、国鉄およびJRが東京駅 – 長崎駅間(1965年 – 1999年は佐世保駅発着の編成を併結)で運行していた寝台特急「さくら」
2011年から、西日本旅客鉄道および九州旅客鉄道が、山陽新幹線・九州新幹線で運行している新幹線「さくら」
本項では、上記のうち1 – 3について解説するものとする。
>第二次世界大戦後「さくら」の愛称が復活したのは、1951年4月 – 5月に東京駅 – 大阪駅間を運行した特急「つばめ」・「はと」の救済臨時列車として東京駅 – 大阪駅間に設定された臨時特急列車に「さくら」の名称を与えたものである。
この時こそ三等車と食堂車のみの編成組成となったが、この列車はこの後も設定され、二等車の設定もなされた。1957年10月のダイヤ改正には不定期列車に昇格。東海道本線に電車特急が登場する1958年10月のダイヤ改正まで多客時の増発臨時列車として運転された。
引用元:さくら (列車) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89_(%E5%88%97%E8%BB%8A)

あけぼのは、かつて東日本旅客鉄道(JR東日本)が上野駅 – 青森駅間を東北本線・高崎線・上越線・信越本線・羽越本線・奥羽本線を経由して運行していた寝台特急列車である。
>「あけぼの」は、1970年10月1日に上野駅 – 青森駅間を東北本線・奥羽本線経由で運行開始した定期寝台特急列車。これに先駆け、同年7月からは臨時寝台特急として上野駅 – 秋田駅間で毎日1往復の運行が開始され、定期化される前日まで運行された。
引用元:あけぼの (列車) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%91%E3%81%BC%E3%81%AE_(%E5%88%97%E8%BB%8A)

北斗星(ほくとせい)は、かつて上野駅 – 札幌駅間を東北本線・いわて銀河鉄道線・青い森鉄道線・津軽海峡線(津軽線・海峡線・江差線)・函館本線・室蘭本線・千歳線を経由して運行していた寝台特別急行列車である。食堂車やロビーカー、個室寝台を連結し、「日本初の豪華寝台特急」ともいわれた。
>青函トンネル(津軽海峡線)が開業した1988年(昭和63年)3月13日に、初めて東京と北海道を乗り換え無しで直行する列車として運行を開始した。定期運行当時、走行距離 1,214.7 kmはJRグループが運行する定期旅客列車として最長距離であった。このうちJR線 1,010.8 kmである。臨時列車も含めた全旅客列車で、「トワイライトエクスプレス」に次ぎ、同一経路で運行される「カシオペア」と同順位の2位であったが、「トワイライトエクスプレス」の廃止後は1位となった。
引用元:北斗星 (列車) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%96%97%E6%98%9F_(%E5%88%97%E8%BB%8A)

トワイライトエクスプレス(英語: Twilight Express)は、かつて大阪駅 – 札幌駅間で運行されていた臨時寝台特別急行列車である。2015年3月12日始発基準で一般販売を含めた臨時列車としての運行終了はしており、その後はツアー専用列車として2016年3月22日の大阪駅着まで運転される予定[1][2]。
>1989年7月21日に運転を開始。当初は旅行会社による企画商品(ツアー)に組み込まれた団体専用列車であったため、特急券・寝台券は一般販売されなかった。同年12月より臨時列車に変更し、特急券・寝台券の一般販売を開始した。
列車名は、出発日夕と翌日明け方の薄明を意味するトワイライトが由来となっている。
引用元:トワイライトエクスプレス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9