「バジーレ山(マラボ山?」赤道ギニアの最高峰・首都マラボ 「ニンバ山」ギニア共和国の最高峰・首都コナクリ

107xKwxYXWTfm
アフリカの国・赤道ギニアの
最高峰はニンバ山である
×
◯マラボ山

赤道ギニア共和国(せきどうギニアきょうわこく、República de Guinea Ecuatorial)、通称赤道ギニアは、ギニア湾に浮かぶビオコ島、アンノボン島、および大陸部のリオ・ムニ(ンドウェ語(フランス語版): ンビニ)とエロベイ・グランデ島及びエロベイ・チコ島を併せたエロベイ諸島から成る共和制国家。ムビニは北にカメルーン、南と東にガボンに隣接する。首都はマラボ。
>カメルーンの西56Km、リオ・ムニの北西約259Kmに位置するビオコ島は火山島で最高地点は標高3,008mのマラボ山である。70年代まではフェルナンド・ポーと呼ばれた。
引用元: 赤道ギニア – Wikipedia

バジーレ‐さん 【バジーレ山】
《 Pico Basil 》アフリカ西岸、ギニア湾東部、赤道ギニアのビオコ島にある山。標高3011メートル。旧称サンタイサベル山。玄武岩質の楯状火山で、同国最高峰。
引用元: バジーレ山 とは – コトバンク

ニンバさんげんせいしぜんほごく【ニンバ山厳正自然保護区】
>1981年に登録、1982年に登録内容が変更された世界遺産(自然遺産)。ギニア、コートジボワール、リベリアの3国にまたがる、西アフリカ最高峰のニンバ山(標高1752m)を中心とした総面積350km2の自然保護区。保護区の大部分はマホガニーなど熱帯雨林が占め、貴重な地衣類、真菌類などの2000種以上の植物が分布しており、500種以上の動物が生息している
引用元: ニンバ山厳正自然保護区 とは – コトバンク

スロット
アフリカ大陸の国赤道ギニア共和国の首都は?
→マラボ