「OKICA」沖縄で使えるICカード乗車券

112WgXiKQD
2015年に沖縄で導入された
交通機関で利用できるICカード
OKICA(答)
「オキカ」

OKICA(オキカ)は、沖縄県(沖縄本島)の鉄道・バス事業者で導入されている非接触型ICカード乗車券である。
>沖縄都市モノレールと沖縄本島内の主要バス事業者4社(琉球バス交通・沖縄バス・那覇バス・東陽バス)で使用できる乗車カード(交通系ICカード)である。2014年10月20日より沖縄都市モノレールで先行導入され、2015年4月27日にバス4社での運用を一斉に開始し、本格運用を開始した。
「OKICA」の名称は「OKINAWA IC CARD」の略である[1]。また、「沖縄が変わる」という意味も含まれている[1]。
引用元:OKICA – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/OKICA

公共交通の利用促進を目的に、沖縄県初の交通系ICカードとして登場した「OKICA(オキカ)」。2014年10月に沖縄都市モノレール(ゆいレール)で先行導入され、2015年4月27日には県内路線バスでの運用が開始された。ゆいレールと路線バスの相互乗り入れで利便性の向上が図れる一方、Suica(スイカ)など本土の交通系ICカードと互換性がないサービスに一部で疑問の声が上がっている。
> ─本土の交通系ICカードと連動していないのはなぜですか。
 「第一にコスト面の問題があります。Suicaなどの本土の交通系ICカードに連動させるとなると、現行の独自開発に比べ導入費だけで2倍、ランニングコストだけで3倍掛かってしまいます。

 現在、車社会の沖縄に拠点を持つ各交通事業者の出資で賄われているため、体力的に困難との判断です。全国対応をして本土でチャージされた金額を沖縄で落としてくれる経済効果を加味しても、ランニングコストで圧迫されてしまいます」
>また全国対応となると、バス路線の変更申請が2年前には必要になるなど、バス社会の沖縄にとっては路線運営の制約が厳しくなるという事態も想定されます。これらの理由から独自システムの採用に至りました」
引用元:オキカはなぜスイカと連動しないのか? 沖縄初の交通系ICカードが描く未来 | ナガハマヒロキ | 沖縄タイムス+プラス http://www.okinawatimes.co.jp/cross/?id=255

交通系ICカードの全国相互利用サービスがいよいよ始まります!
1 全国相互利用サービスを実施する交通系ICカード
 「Kitaca」(北海道旅客鉄道株式会社)
 「PASMO」(株式会社パスモ)
 「Suica」(東日本旅客鉄道株式会社)
 「manaca(マナカ)」(株式会社名古屋交通開発機構および株式会社エムアイシー)
 「TOICA」(東海旅客鉄道株式会社)
 「PiTaPa」(株式会社スルッとKANSAI)
 「ICOCA」(西日本旅客鉄道株式会社)
 「はやかけん」(福岡市交通局)
 「nimoca」(株式会社ニモカ)
 「SUGOCA」(九州旅客鉄道株式会社)
 ※注釈 ( )内は、交通系ICカードの発行会社です。
2 サービス開始日
 2013年3月23日(土曜日)
引用元:交通系ICカードの全国相互利用サービスがいよいよ始まります!:JR西日本 https://www.westjr.co.jp/press/article/2012/12/page_3015.html