「イSム」いすむ 株式会社MORITAの仏像ブランド 「仏」の中心にSpritの「S」由来

003KpWgdFD
株式会社MORITAが展開する
「飾れる仏壇」ブランド
イSム
いすむ(答)

ウェブサイトを見た限りでは、「仏壇」というようり「仏像」のようです。スピリットの「S」なのでイズムではなく、イスムにご注意下さい。

中高年層を中心にここ数年、仏像を鑑賞するために全国の寺院を回る人が増えています。また、名刹の秘蔵の仏像などを紹介する展示会にも多くの来場者が訪れています。イスムや御社の通信販売で仏像を購入されるのは、どういった層の人たちですか。

森田:当社には「イSム(イスム)」と「TanaCocoro(掌:たなこころ)」という2つのブランドがあります。最多価格帯が6万円台のイスムは団塊の世代を中心に50~60代の男性の購入層が多く、1万9950円のたなこころシリーズは値段がより手頃なこともあり、30代から60代まで幅広い層の男女に人気があります。
引用元:部屋に仏像がある暮らし:日経ビジネスオンライン http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20131125/256259/?rt=nocnt

vpDTBJE
引用元:イSムのコンセプト http://www.isumu.jp/consept.html