「喜望峰」 昔「嵐の岬」と呼ばれたアフリカ大陸最南端の岬 「希望」誤植説?

060lDYKkrNxcn
かつては「嵐の岬」と
呼ばれいた
アフリカ大陸南西端の岬は
希望峰である
×
望峰
CIMG8009HJexBcJgqucp
実力のある者は、むやみに
人前で自慢したりしないことを
「能ある鷲は爪を隠す」という
×
○鷹

喜望峰(きぼうほう、アフリカーンス語: Kaap die Goeie Hoop、英語: Cape of Good Hope、ポルトガル語: Cabo da Boa Esperança、オランダ語: Kaap de Goede Hoop)は、南アフリカ共和国西ケープ州ケープタウンにある岬。
>英語名は「Cape of Good Hope」で直訳すると「希望岬」となり、中国語では「好望角」と表記する。諸説あるが、「喜望峰」が一般呼称として定着したのは誤植によるものと考えられている。
引用元: 喜望峰 – Wikipedia

タイピング
ポルトガル語で「針」という意味の言葉がその名の語源であるアフリカ大陸最南端の岬は◯◯◯◯岬?
アガラス
「アガラス岬」