岡山県「後楽園」 「沢の池」の画像

280FhgNKuD
日本三名園に数えられる
この日本庭園がある都道府県は?
(画像出題)
京都府
岡山県(答)「後楽園」
石川県 「兼六園」
茨城県 「偕楽園」

園内のみどころ:岡山後楽園 – 日本三名園の一つ、岡山後楽園は、世界に誇る文化財です。

日本三名園(にほんさんめいえん)とは、優れた景勝を持つ三つの日本庭園、金沢市の兼六園、岡山市の後楽園、水戸市の偕楽園の総称である。
引用元:日本三名園 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%B8%89%E5%90%8D%E5%9C%92

後楽園(こうらくえん)は、岡山県岡山市北区後楽園にある日本庭園(大名庭園)で、日本三名園のひとつである。
江戸時代初期に岡山藩主・池田綱政によって造営された、元禄文化を代表する庭園で、国の特別名勝に指定されている。
>池田綱政は父・光政に見出されていた津田永忠を登用し、度重なる洪水の被害に疲弊していた岡山藩の財政再建のために新田開発はもとより、放水路・百間川の開削などの抜本的な洪水対策を行い、藩の財政を再建させた。1686年(貞享3年)ごろに百間川が完成し、藩の財政にも余裕が生じてきたため、綱政は永忠に命じて城北側の旭川沿い低湿地および宇喜多秀家によって集められた小姓たちが居住していた「小姓町」に自らの休息のための庭園を造るよう命じた[注 1]。岡山藩士・斎藤一興の『池田家履歴略記』には「曹源公(=綱政)御遊休の園をひらかれんため簸川(ひのかわ、=京橋川)の東、御野郡・上道郡の内にて、御野郡は浜村の内上道郡は国富村の内、城北にあたって其の地を卜せられ、津田重次郎(=永忠)諸事奉行し……」とある[1]。
引用元:後楽園 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%8C%E6%A5%BD%E5%9C%92