「ドルジバ」パイプライン 旧ソ連の東欧諸国へパイプラン ロシア語「ドルジバ」友好

101iTcNKtu
ロシア語で「友情」を意味する
旧ソ連が東欧諸国へ張り巡らした
石油・天然ガスの輸送網は
「◯◯◯◯・パイプライン」
コジムイン
リルドバヌ
ドルジバ(答)
「ドルジバパイプライン」

ドルジバパイプライン(ロシア語: нефтепровод «Дружба», 英語: Druzhba pipeline)は世界最長の石油パイプラインである。ドルジバとはロシア語で「友好」の意味。ロシア南西部から約4000キロメートル離れたウクライナ、東欧諸国、ドイツへ石油を送っている。ロシアの石油企業トランスネフトが操業している。
ドルジバパイプラインは1964年、ソ連中央部で産出する石油をエネルギー資源の少ないソ連西部やヨーロッパの共産主義友好国(コメコン諸国)へ供給するために建設された。
引用元:ドルジバパイプライン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%90%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3