銀座線「1000」系車両 地下鉄初のブルーリボン賞受賞 「ブルネル賞」英国技術者に因む鉄道デザインの賞

051EglOYBj
2013年に、地下鉄の車両として
初めてブルーリボン賞を受賞した
鉄道車両は「銀座線◯◯◯◯系
電車」?
71869
52304
1000(答)
「銀座線1000系」


1961年に鉄道友の会が創設した毎年、優れた特徴を持つ鉄道車両に授与している賞はローレル賞ですが

1985年に創設された鉄道デザインを対象とする唯一の国際賞でイギリスの鉄道技術者にその名を由来するのは◯◯◯◯賞?
ブルネル(答)
「ブルネル賞」

 鉄道友の会は、日本で最初の地下鉄である銀座線特有の厳しい走行環境に対して、走行性能及び快適性を新技術により向上させ、併せて省エネ性も高め、さらに外観は開業当時に在籍した車両を彷彿とさせるものであることなどを高く評価し、東京地下鉄1000系を2013年のブルーリボン賞に選定しました。
なお、ブルーリボン賞に地下鉄車両が選ばれたのは、今回が初めてです。
引用元:鉄道友の会 ブルーリボン・ローレル賞2013年 http://www.jrc.gr.jp/award/bl/bl2013.htm

東京メトロ1000系電車(とうきょうメトロ1000けいでんしゃ)は東京地下鉄(東京メトロ)銀座線用の通勤形電車。2012年(平成24年)4月11日より営業運転を開始した[1]。
2013年、地下鉄車両では初[注釈 1]の鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞[2]。
>外観デザインは「歴史ある銀座線1000形を髣髴(ほうふつ)とさせる、どことなくレトロな感覚を醸し出すデザイン」を目指したものとした[5]。このことから、1927年(昭和2年)に「東洋初の地下鉄」として上野駅 – 浅草駅間が開業した当時に運用されていた東京地下鉄道1000形電車をモチーフとしたレトロ調のデザイン[3]で、検査場所の中野工場には車体塗装施設がないことから[注釈 2]、当時の車体色を表現するために車体全体をレモンイエロー色のカラーフィルム(屋根部はチョコレート色のカラーフィルム)を貼り付ける「フルラッピング車両」とした[3]。
引用元:東京メトロ1000系電車 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%AD1000%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A

ブルーリボン賞(ブルーリボンしょう)とは、鉄道友の会が1958年6月20日に制定した賞である。
>ブルーリボン賞は、投票の前年に新たに営業運転を開始した鉄道車両の中から鉄道友の会会員の投票により選定される賞である。選定車両は年1形式のみとなっている。
この賞は、1957年当時、画期的な車両として登場した小田急3000形に対し、鉄道ファンの視点からなんらかの賞を授与したいということから1958年に制定された。翌1959年からは会員投票によって選ばれることとなり、歴代の受賞車は、全国的に知名度の高い日本国有鉄道・JRの特急形車両や私鉄各社の時代時代を代表する看板車両が選定されている。
引用元:ブルーリボン賞 (鉄道) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%9C%E3%83%B3%E8%B3%9E_(%E9%89%84%E9%81%93)

ローレル賞(ローレルしょう)とは、鉄道友の会が1961年2月18日に制定した賞である。
>鉄道友の会は、1958年にブルーリボン賞を制定し、翌1959年より会員による投票で同賞を選定していたが、華やかな特急用車両が選定されやすい傾向があった。
そこで、1961年2月、ブルーリボン賞に選定され難い通勤形電車および近郊形電車を選定対象として、主に技術面で優秀な車両を評価するローレル賞が制定された。
>ローレルとは月桂樹のことであり、プレートに描かれる月桂冠は栄誉を意味する。
引用元:ローレル賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%AB%E8%B3%9E

ブルネル賞(ブルネルしょう、Brunel Award)は、鉄道関連では唯一となる国際デザインコンペティションである。
>1985年、欧米を中心とした世界各国の鉄道関連のデザイナー、建築家によって構成されるワトフォード会議によって創設された賞で、近年完成あるいはリニューアルされた鉄道関連のあらゆる分野のプロジェクトを対象に顕彰することを通じて、鉄道事業者の経営に対するデザインの効用の認識を高めるとともに、鉄道の社会的役割に対する一般の意識の向上を目的としている。コンペは2年から3年毎に開催され、2008年には第10回を迎えるに至った。賞の名称はイギリス・グレート・ウェスタン鉄道の技師、イザムバード・キングダム・ブルネル(1806 – 1859年)にちなんでいる。
引用元:ブルネル賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%83%AB%E8%B3%9E