「高山茶筌」たかやまちゃせん 奈良県の伝統工芸品

019dFbkGsF
奈良県の伝統工芸品です
たかやまちゃせん(答)
「高山茶筌」

096hbOJzVkZNO
宮城県の伝統工芸品です
雄勝硯
おがつすずり

○×
経済産業大臣は指定する伝統工芸品のシンボルマークにデザインされている漢字は「統」である
×
◯伝
引用元:「雄勝硯」おがつすずり 宮城県の伝統工芸品 「伝」伝統マーク | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/4922/

011GYMTZcNWPm
次の伝統工芸の業種を
経済産業大臣による「伝統
工芸品」の指定を受けている
品目数が多い順に選びなさい
織物 36
木工品・竹工品 31
漆器 23
金工品 14
染織品 11
引用元:経産大臣指定「伝統工芸品」品目順 「織物」「木工品・竹工品」「漆器」「金工品」「染織品」 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/11113/

茶筅(ちゃせん)または茶筌とは、茶道において抹茶を点てるのに使用する茶道具のひとつで、湯を加えた抹茶を茶碗の中でかき回して均一に分散させるための道具。抹茶といえばこんもりと泡を立てた姿が有名であるために、泡だて器の一種と考えられることも多いが、泡を立てるための道具ではない。竹製のものがほとんどで、現代ではアウトドア用の金属製・プラスチック製のものもある。
引用元:茶筅 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8C%B6%E7%AD%85

奈良県高山茶筌生産協同組合

室町時代中期、高山領主の子息が、茶道の創始者でもある村田珠光の依頼によって作ったものが始まりです。
以後、その製法は城主一族の秘伝とされ、代々後継ぎのみに「一子相伝」の技として伝えていましたが、後になってその秘伝は、主だった16名の家来に伝えられることとなり、今日まで脈々と伝えられ、現在では、奈良県の高山が全国で唯一の茶筌の産地になりました。
引用元:高山茶筌 | 伝統的工芸品 | 伝統工芸 青山スクエア http://kougeihin.jp/item/0625/