2013参議院比例区当選者「丸山和也」「川田龍平」「アントニオ猪木(日本維新の会)」「清水貴之(日本維新の会)「渡邉美樹」 「中京維新の会」大村秀章が設立

097HRsCANo
次のうち
2013年の参議院選挙において
日本維新の会から出馬し当選した
人物を全て選びなさい
川田龍平
清水貴之(答)
アントニオ猪木(答)
渡辺美樹

009FmRRDlb
次のうち
2013年の参議院選挙において
比例区で当選した人物を
全て選びなさい
丸山和也(答)
三宅洋平
川田龍平(答)
アントニオ猪木(答)
渡邉美樹(答)
塚原光男

CIMG8047YA7opHsSqP2e
2012年8月に愛知県知事・
大村秀章が設立した政治団体は
「◯◯維新の会」?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
ちゅうきょう(答)
「中京維新の会」

CIMG7750mzzeIltHqmmy
2012年9月に、橋下徹を
代表に結成された政党は
「○○維新の会」?
○の漢字をひらがなで答えなさい
にっぽん(答)
「日本維新の会」

清水 貴之(しみず たかゆき、1974年6月29日 – )は、日本の政治家、アナウンサー。おおさか維新の会所属の参議院議員(1期)。元朝日放送(ABC)アナウンサー。ニックネームは「シミタカ」。
>福岡県筑紫野市で生まれ、千葉県松戸市で育つ。芝浦工業大学柏高等学校、早稲田大学教育学部卒業。1999年、朝日放送に入社した。入社同期に加藤明子がいる。
>2012年、第46回衆議院議員総選挙に日本維新の会公認で兵庫4区から出馬した[1]が、自由民主党新人の藤井比早之に敗れ、重複立候補していた比例近畿ブロックでも落選した。2013年3月、日本維新の会の参議院兵庫県選挙区第1支部長に就任。同年7月の第23回参議院議員通常選挙に兵庫県選挙区(定数2)から日本維新の会公認で出馬し、得票数2位で初当選した。
2014年の日本維新の会分党に際しては、橋下徹大阪市長による新党結成を目指すグループに参加し、分党後の日本維新の会を経て維新の党結党に参加した。
引用元:清水貴之 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E8%B2%B4%E4%B9%8B

第23回参議院議員通常選挙(だい23かいさんぎいんぎいんつうじょうせんきょ)は、2013年(平成25年)7月28日の任期満了に伴い、同年7月4日に公示され7月21日に投開票が実施された参議院議員通常選挙[1]。
>2012年(平成24年)12月16日に執行された第46回衆議院議員総選挙で自由民主党が政権を奪還して、初めての大型国政選挙である。
第21回参議院議員通常選挙以降、参議院では政権与党が過半数を下回るねじれ国会が続いており(2009年の第45回衆議院議員総選挙から2010年の第22回参議院議員通常選挙までの期間を除く)、非改選議員と合わせて与党が過半数を確保できるかが最大の焦点とされていた。
引用元:第23回参議院議員通常選挙 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC23%E5%9B%9E%E5%8F%82%E8%AD%B0%E9%99%A2%E8%AD%B0%E5%93%A1%E9%80%9A%E5%B8%B8%E9%81%B8%E6%8C%99

丸山 和也(まるやま かずや、1946年1月23日 – )は、日本の政治家、元法務官僚。自由民主党参議院政策審議会副会長。参議院議員(2期)。弁護士(登録番号:13673、第一東京弁護士会)、丸山国際法律・特許事務所代表[1]。タレント、歌手。
>2013年
7月 – 第23回参院選に自由民主党公認で比例区から立候補し、153,303票を獲得、党内14位で再選
引用元:丸山和也 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B8%E5%B1%B1%E5%92%8C%E4%B9%9F

三宅 洋平(みやけ ようへい / Yohei Miyake、1978年7月24日 – )は、日本の音楽家・政治活動家・社会活動家。ベルギー生まれ[1][2]、早稲田大学第一文学部卒、元リクルート社員[3][4]。政治団体「日本アーティスト有意識者会議」代表[5]。
>2013年3月、「日本アーティスト有意識者会議(略称 NAU)」を政治団体として登録[1]。その後、「”日本社会の価値観を多様にひらく”必要を感じ」[16]、第23回参議院議員通常選挙へ緑の党からの推薦を受け、比例代表で立候補[5]。連日「選挙フェス」と称する集会を展開し、176,970票の個人票を得たが、緑の党が当選枠を獲得できず落選した[17][18]。
引用元:三宅洋平 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%AE%85%E6%B4%8B%E5%B9%B3

川田 龍平(かわだ りゅうへい、1976年1月12日 – )は、日本の政治家。維新の党所属の参議院議員(2期)。東京都出身。維新の党党規委員長、党東京都総支部代表。
結いの党選挙対策委員長、維新の党国会議員団総務会長を務めた。東京HIV訴訟(薬害エイズ事件)原告、川田龍平と人権アクティビストの会代表。龍平学校-PEEK主宰。
>2013年7月21日 – 第23回参議院議員通常選挙にみんなの党全国比例区から出馬。党内比例区では最多得票の117,389票を獲得して再選。
引用元:川田龍平 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E7%94%B0%E9%BE%8D%E5%B9%B3

アントニオ 猪木(アントニオ いのき、英: Antonio Inoki, 1943年2月20日 – )は、日本の元プロレスラー、実業家、政治家。日本を元気にする会所属の参議院議員(2期)、日本を元気にする会最高顧問。本名:旧リングネーム:猪木 寛至(いのき かんじ)。神奈川県横浜市鶴見区出身。血液型AB型。新日本プロレス設立後のキャッチフレーズは「燃える闘魂[5]」(当初は「燃ゆる闘魂」)。日本プロレス所属時代のキャッチフレーズは「若獅子」。愛称は「アントン」。1991年にイラクのシーア派聖地カルバラーにてイスラム教に改宗しており、ムスリム名は「モハメッド・フセイン」[6]。
プロレスラー現役時代は新日本プロレスの創業や異種格闘技戦で活躍。
>参議院選挙への再出馬、国政復帰[編集]
2013年6月5日、日本維新の会より、第23回参議院議員通常選挙比例代表での出馬を表明。日本維新の会共同代表の石原慎太郎立ち会いの下で開催した記者会見で『猪木の元気を日本のために活かしたい』と国政再挑戦への意欲を漲らせた[31]。
同年7月21日の投開票において、獲得票数35万6606票(同会内最多得票)で当選し[32]、18年ぶりの国政復帰を果たした。
2013年7月29日より議員氏名として「アントニオ 猪木」を使用することが、参議院で許可された[3]。
引用元:アントニオ猪木 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%AA%E7%8C%AA%E6%9C%A8

渡邉 美樹(わたなべ みき、男性、1959年10月5日 – )は、神奈川県横浜市出身の政治家[1]、実業家。自由民主党所属の参議院議員(1期)、ワタミ株式会社創業者[1]。学校法人郁文館夢学園理事長[1]、岸和田盈進会病院理事長[1]、一般社団法人ソーシャルビジネス・ドリームパートナーズ代表理事。
ワタミ株式会社の創業者で、過去に同社代表取締役の他、教育再生会議(安倍内閣)委員、神奈川県教育委員会委員を2006年(平成18年)10月14日[2]から2009年(平成21年)10月30日まで[3]務めた。
>2013年5月末、第23回参議院議員通常選挙の比例区の自由民主党公認候補であることが報じられる。6月27日、立候補に際しワタミの会長職を含む役職をすべて辞任[13]。出馬の動機について、安倍晋三政権は海外からも大きな期待が寄せられており、アベノミクスの大胆な金融緩和、機動的な財政出動は正しい手法であり、効果が表れている。ワタミの運営により培ってきた経営能力を、農業の強化や震災復興、経済の強化、教育や福祉の分野で力を尽くしたいと考えを明らかにした[14]。104,176票を獲得し、比例区の自民党の当選者18人中、16番目で当選した[15]。
引用元:渡邉美樹 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E9%82%89%E7%BE%8E%E6%A8%B9

塚原 光男(つかはら みつお、1947年12月22日 – )は、日本の元体操選手。オリンピック3大会で金メダルを獲得した。鉄棒では「月面宙返り(ムーンサルト)」を編み出した。現在は、さまざまな体操競技団体において後進を指導する立場に就いている。
>2013年7月に執行された第23回参議院議員通常選挙に自由民主党の公認を得て比例代表候補として出馬するも、26位で落選した。
引用元:塚原光男 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%9A%E5%8E%9F%E5%85%89%E7%94%B7