「APDL」生活関連活動 activities parallel to daily living 宣伝への消費者の行動「アイドカの法則」「アイドマの法則」 応急処置の法則「RICE」の法則

317rwdjTYn
「生活関連活動」と訳される
家事や買い物、交通機関の利用
など広い生活圏での活動を指す
福祉分野で使われる用語は?
TPSRA
LIDEG
APDL(答)
「生活関連活動」
activities parallel to daily living

IADL「手段的日常生活動作能力」instrumental activities of daily living への分岐はあるのかは不明です。
何故か「アイドカ」の法則や「RICE」の法則を連想したので合わせて復習しましょう。

CIMG4492
客が製品を買うに至る心理を
注意・興味・欲望・記憶・行動の
5つの段階で示した法則は
「アイドマの法則」ですが
CIMG4493
注意・興味・欲望・確信・行動の
5つの段階で示した法則は
「◯◯◯◯の法則」?
アイドカ(答)


「安静」「冷却」「圧迫」「拳上」の英語の頭文字から来ている、応急処置に関する法則は◯◯◯◯の法則?
RICE(答)

ADL

〖activities of daily living〗
摂食・着脱衣・排泄(はいせつ)・移動など,人間の基本的な日常生活動作。障害者のリハビリテーションに用いられる語。また,高齢者の介護の必要性の判定指標にも用いられる。日常生活動作能力。 → APDL ・ IADL
引用元:ADL(ADL/えーでぃーえる)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/ADL-36846#E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.9E.97.20.E7.AC.AC.E4.B8.89.E7.89.88

大辞林 第三版の解説
APDL

〖activities parallel to daily living〗
家庭生活を維持するのに必要な家事動作を中心とした生活動作能力。ADL が生活する上での最低限の動作なのに対し,それ以外のもの。生活関連動作。 → ADL
引用元:APDLとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/APDL-416814#E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.9E.97.20.E7.AC.AC.E4.B8.89.E7.89.88

大辞林 第三版の解説
IADL

〖instrumental activities of daily living〗
買物・電話・外出など ADL よりも高い自立した日常生活をおくる能力。手段的日常生活動作能力。 → ADL
引用元:IADLとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/IADL-418197#E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.9E.97.20.E7.AC.AC.E4.B8.89.E7.89.88

APDLは、調理、掃除、洗濯などの家事動作や買い物、交通機関の利用などADLよりも広い生活圏での活動を指します。「IADL」とは、手段的日常生活動作、または道具的日常生活動作と呼ばれ、これにはバスに乗って買い物に行く、電話をかける、食事の仕度をする、家計を管理する、掃除をする、布団の上げ下ろしをするなどが含まれます。これらのように、ADLでの動作を応用し、動作の範囲をさらに広げた活動動作のことをいいます。拡大日常生活活動(extended ADL)、生活関連活動(APDL)といった概念もあり、IADLと同じような意味で使うこともあります。要は、IADLもAPDLも意味は殆ど同じと言う事になりますね。
引用元:福祉の質問です。IADLとAPDLの違いを教えていただけますか? よろしくお願い致し… – Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1434795329

AIDMA(アイドマ)とは1920年代にアメリカ合衆国の販売・広告の実務書の著作者であったサミュエル・ローランド・ホールが著作中で示した広告宣伝に対する消費者の心理のプロセスを示した略語である。日本語圏において「AIDMAの法則」として、2004年に広告代理店の電通等により提唱されたAISASとの比較により知られる。[1]
AIDMAの法則では、消費者がある商品を知って購入に至るまでに次のような段階があるとされる。
Attention(注意)
Interest(関心)
Desire(欲求)
Memory(記憶)
Action(行動)

>ネットでの購買行動のプロセスモデルとしてAIDMAに対比されるものとして日本の広告代理店の電通等によりAISAS(エーサス、アイサス)というモデルが提唱された[3]。
Attention(注意)
Interest(関心)
Search(検索)
Action(行動、購入)
Share(共有、商品評価をネット上で共有しあう)
引用元:AIDMA – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/AIDMA

アイドカ(AIDCA アイダカとも)とは、消費者が消費行動を行うまでの心理的な過程を表した消費者行動分析モデルの名称。消費者が企業や商品の広告を見てから、Attention(注目)→Interest(興味)→Desire(欲望)→Conviction(確信)→Action(購買行動)にいたるまでの広告原則の頭文字をとった略称であり、「AIDCAモデル」や「AIDCAの法則」などとよばれることもある。
引用元:アイドカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%82%AB

RICEの法則(ライスのほうそく)とは身体が傷害を負った際に早急に執るべき応急処置における法則の事である。
Rは「Rest」(安静)、Iは「Icing」(冷却)、Cは「Compression」(圧迫)、Eは「Elevation」(挙上―持ち上げておく)の頭文字をとったものである。これらは医学的な根拠から傷害を負った際に出来る限り患部の炎症や出血を抑えるための方法である。病院などの医療機関での診断を受けるまでは出来る限りRICEに則った措置を執る事が推奨されている。
引用元:RICEの法則 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/RICE%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87