行政「長官」 香港特別行政区行政長官 香港の首長

361yCzRsMd
現在は梁振英がその職を務める
中国・香港特別行政区の首長と
いえば「行政◯◯」?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
ちょうかん(答)
「香港行政長官」

香港特別行政区行政長官(ホンコンとくべつぎょうせいくぎょうせいちょうかん、繁体字: 香港特別行政區行政長官、英語: Chief Executive of Hong Kong)は、中華人民共和国香港特別行政区の首長である。通称香港行政長官。
>行政長官は選挙委員会によって、選出される。同委員の選挙権は香港住民の一部に限られるため、行政長官選挙は間接制限選挙だと言える。
>事実上、立候補は中国当局の同意が必要であり、投票権は親中団体のみに与えられる構造となっている。そのため香港人の不満は強く、普通選挙を求めてのデモが繰り返し実施されている[1]。
引用元:香港特別行政区行政長官 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E6%B8%AF%E7%89%B9%E5%88%A5%E8%A1%8C%E6%94%BF%E5%8C%BA%E8%A1%8C%E6%94%BF%E9%95%B7%E5%AE%98

梁 振英(りょう しんえい、1954年8月12日 – )は、香港特別行政区の政治家。現在、香港の行政長官。
>1984年にイギリスによる香港の中国への返還が決定し、翌1985年に香港特別行政区基本法の起草に加わった。この頃より中国の政界や不動産業界との関わりを持つようになる[1]。香港返還後は不動産コンサルタント業を務める一方で1999年7月から2011年9月まで行政長官の諮問機関である行政会議のメンバーとなった[2]。また2003年からは全国政治協商会議香港地区委員を務めるなど親中派で知られている[1]。
引用元:梁振英 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%81%E6%8C%AF%E8%8B%B1

香港返還(ほんこんへんかん)とは、1997年7月1日に香港の主権がイギリスから中華人民共和国へ返還、再譲渡された出来事である。繁体字では「香港主権移交/香港回歸」、簡体字では「香港主权移交/香港回归」、英語では「Transfer of the sovereignty of Hong Kong」と表記されるが異論もある(下記参照)。
>1842年の南京条約(第1次アヘン戦争の講和条約)によって香港島が、清朝からイギリスに割譲された。さらに、1860年の北京条約(第2次アヘン戦争(アロー号戦争)の講和条約)によって、九龍半島の南端が割譲された。その後、イギリス領となった2地域の緩衝地帯として新界が注目され、1898年の展拓香港界址専条によって、99年間の租借が決まった。以後、3地域はイギリスの統治下に置かれることとなった。
>返還後に香港特別行政区政府が成立し、董建華が初代行政長官に就任した。旧香港政庁の機構と職員は特別行政区政府へ移行した。また、駐香港イギリス軍は撤退し、代わりに中国本土から人民解放軍駐香港部隊が駐屯することになった。
引用元:香港返還 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E6%B8%AF%E8%BF%94%E9%82%84