アメリカ製の拳銃「M1911」「S&W M500」

116nFSmpbHRYa
次のうち、アメリカのメーカーが
開発した拳銃を全て選びなさい
(画像選択肢)
1の画像 H&K USP ドイツ
2の画像 ワルサーP38 ドイツ
3の画像 M1911 アメリカ (答)
4の画像 S&W M500 アメリカ(答)

H&K USP(独: Universale Selbstladepistole、英: Universal Self-loading Pistol)は、ドイツの銃器メーカーであるH&K社が開発した自動拳銃である。
9x19mmパラベラム弾仕様は、P8の名称で現在のドイツ連邦軍の制式拳銃になっている。他のバリエーションを含めると、多数の軍、警察、国家機関などに採用されている。
引用元: H&K USP – Wikipedia

ワルサーP38(独: Walther P38)は、ドイツの銃器メーカーであるカール・ワルサー(カール・ヴァルター:Carl Walther)社が開発した軍用自動式拳銃である。第二次世界大戦中にはナチス・ドイツ陸軍に制式採用されている。
引用元: ワルサーP38 – Wikipedia

M1911は、ジョン・ブローニングの設計に基づき、アメリカ合衆国のコルト・ファイヤーアームズ(コルト)社が開発した軍用自動拳銃である。1911年の正式採用から1985年までの間、アメリカ軍の制式拳銃として第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮戦争、そしてベトナム戦争で用いられた。
引用元: M1911 – Wikipedia

S&W M500は、アメリカのスミス&ウェッソン社が2003年に開発した超大型の回転式拳銃。一般市場に流通する商品としては世界最強の拳銃[1]である。
引用元: S&W M500 – Wikipedia